エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

種子島での太陽光発電および風力発電の出力抑制

種子島の出力抑制種子島では太陽光発電および風力発電の出力抑制 種子島では太陽光発電および風力発電の出力抑制が実施されました。 今回の自然変動電源の出力抑制は、離島という閉ざされた環境で、自然変動電源の規模に対して調整力が乏しいゆ…

詳細を見る

ウラン資源の特徴について、あと何年もつ?

ウラン資源の特徴 ウラン鉱床は鉄鉱石やアルミ鉱石などの鉱床とは異なり、その規模がはるかに小さい。 ウラン含有量が20万トンもあれば巨大鉱床であり、通常は1~2万トンのものが多い。 これは鉱床の成因から来るもので、鉄やアルミが最…

詳細を見る

地球温暖化の日本の緩和策

経済成長によって日本の二酸化炭素(CO2)排出量は増加しています。 CO2削減の目標を達成するための、エネルギー分野における緩和策を見ていきましょう。 (さらに…)…

詳細を見る

地球温暖化による世界各地の変化

今、世界各地で異常気象が相次いでいます。 熱波、強い台風、干ばつ、洪水など、各地の状況は年を追うごとに深刻になっています。 その背景に地球温暖化があることが、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書で明らかになっています…

詳細を見る

新しいエネルギーのこれから

太陽光や風力発電など再生可能エネルギーは、自然をエネルギーとするため、二酸化炭素や硫黄酸化物などの排出もなく、極めて環境に優しいエネルギーです。 (さらに…)…

詳細を見る

水力発電、揚水発電の効率

水力発電、揚水発電の効率 日本には、水力発電所が約2,000箇所あり、水力の一次エネルギーに占める割合、2012年で2%となっています。水力は、資源のない日本にとって貴重な国産エネルギーですが、既に、大規模に発電できるところは開発し尽…

詳細を見る

日本で利用される石炭、その使い方とは

日本で利用される石炭、その使い方とは 石炭は,古代の植物の遺体が地中に埋もれ,千万年,億年単位の長い時間にわたって変質し,炭素分に富む可燃性固形物になったものであす。 この変質の程度によって,石炭の性状には大きな幅があり,それに…

詳細を見る

日本に輸入される天然ガス、石油との違い

日本に輸入される天然ガス、石油との違い 天然ガスは、一般に天然に産する化石燃料である炭化水素ガスです。 一般に、メタン、続いてエタンといった軽い炭素化合物を多く含み、その他の炭素化合物も含むものです。 天然ガスは、新潟や北…

詳細を見る

石油のこれから、

石油のこれから、 石油は、自動車の動力源、合成繊維やプラスチックなどの化学製品の原材料、工場や家庭用の熱源など、幅広い用途に使われており、我々の生活に欠かすことのできない大切なエネルギーです。発展途上国も含め、世界中で幅広く利用されて…

詳細を見る

日本のエネルギー政策、海外諸国の動き

日本のエネルギー政策、海外諸国の動き エネルギー政策は、その国の置かれた地理的条件や資源の有無、技術・産業の発展度合いなどで、それぞれ異なります。日本の場合、戦後の1950年代から、1970年代までの、いわゆる復興期から高度経済成長期…

詳細を見る