エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

アーカイブ:2018年 7月

新しいエネルギーのこれから

太陽光や風力発電など再生可能エネルギーは、自然をエネルギーとするため、二酸化炭素や硫黄酸化物などの排出もなく、極めて環境に優しいエネルギーです。 (さらに…)…

詳細を見る

水力発電、揚水発電の効率

水力発電、揚水発電の効率 日本には、水力発電所が約2,000箇所あり、水力の一次エネルギーに占める割合、2012年で2%となっています。水力は、資源のない日本にとって貴重な国産エネルギーですが、既に、大規模に発電できるところは開発し尽…

詳細を見る

日本で利用される石炭、その使い方とは

日本で利用される石炭、その使い方とは 石炭は,古代の植物の遺体が地中に埋もれ,千万年,億年単位の長い時間にわたって変質し,炭素分に富む可燃性固形物になったものであす。 この変質の程度によって,石炭の性状には大きな幅があり,それに…

詳細を見る

日本に輸入される天然ガス、石油との違い

日本に輸入される天然ガス、石油との違い 天然ガスは、一般に天然に産する化石燃料である炭化水素ガスです。 一般に、メタン、続いてエタンといった軽い炭素化合物を多く含み、その他の炭素化合物も含むものです。 天然ガスは、新潟や北…

詳細を見る

石油のこれから、

石油のこれから、 石油は、自動車の動力源、合成繊維やプラスチックなどの化学製品の原材料、工場や家庭用の熱源など、幅広い用途に使われており、我々の生活に欠かすことのできない大切なエネルギーです。発展途上国も含め、世界中で幅広く利用されて…

詳細を見る

日本のエネルギー政策、海外諸国の動き

日本のエネルギー政策、海外諸国の動き エネルギー政策は、その国の置かれた地理的条件や資源の有無、技術・産業の発展度合いなどで、それぞれ異なります。日本の場合、戦後の1950年代から、1970年代までの、いわゆる復興期から高度経済成長期…

詳細を見る

太陽光発電の導入目標、PV2030

太陽光発電の将来、PV2030 2004年に新エネルギー・産業技術総合開発機構NEDOが策定した、「2030年に向けた太陽光発電ロードマップPV2030 」です。 それまでの技術開発は、可能性追求型、あるいは既存の技術や研究成果…

詳細を見る

世界の太陽光発電、インドでは・・

世界の太陽光発電、インドでは・・ インドは1990年代の経済自由化政策によって、経済が拡大し、産業の活発化と生活水準の上昇によってエネルギー消費量も増えています。 再生エネルギーに関して、欧米の施策をインドの国情に合わせた形で利…

詳細を見る

世界のエネルギー事情、日本のエネルギー事情

世界のエネルギー事情、日本のエネルギー事情 昨今の原油価格の急落は、世界経済にとってプラスであり、エネルギー資源のほとんどを輸入している日本にとっては大きなメリットとなります。 しかし、これまでも原油価格は高騰と下落を繰り返してきま…

詳細を見る

世界の太陽光発電、中国では・・

世界の太陽光発電、中国では・・ 中国は石炭の埋蔵量世界一を誇り、1990年代まではエネルギー自給率100%を目指していました。 しかし、急激な工業化と経済発展に伴って、エネルギー需要が急増し、現在は世界一(2011年は35億トン…

詳細を見る