エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

アーカイブ:2018年 7月

三洋電機の太陽光発電の取り組み

三洋電機の太陽光発電の取り組み 現在、太陽電池に広く利用されているアモルファスシリコン。 パナソニックグループの三洋電機はそのアモルファスシリコン太陽電池を世界で初めて実用化したことで有名です。 三洋電機がアモルファスシリ…

詳細を見る

電力自由化で太陽光発電連系トラブルが発生

電力自由化で太陽光発電連系トラブルが発生 東京電力管内の太陽光発電連系のやり方が変更 平成28年3月末まで東京電力管内において、太陽光発電を設置した場合、 売電メーターの設置(今はスマートメーターへの取替) 東京電力担当者の…

詳細を見る

太陽光発電の売電

太陽光発電の売電 太陽光発電の売電制度(固定価格買取制度)とは? 売電制度は太陽光発電が発電した電気を、東京電力などの電力会社が必ず買い取ってくれる制度です。 その際の売値(価格)は一定期間ずっと同じ(固定)であるため、固定価格買…

詳細を見る

京セラの太陽光発電の取り組み

京セラの太陽光発電の取り組み 京セラは、トヨタ自動車株式会社が2009年に発売したプリウスのオプションである「ソーラーベンチレーションシステム」に太陽電池を供給しています。 このシステムは、車体の屋根に取り付けた太陽電池で駐車中…

詳細を見る

次世代自動車充電インフラ整備促進事業

次世代自動車充電インフラ整備促進事業 1.事業の目的 この補助制度は、電気自動車、プラグインハイブリット自動車へ電気を供給する設備等(以下「充電設備等」という。)の普及を促進することによって次世代自動車の更なる普及を促進し、内外の経済的…

詳細を見る

再生可能エネルギー導入拡大に向けた課題

再生可能エネルギー導入拡大に向けた課題 送電容量不足問題 再生可能エネルギーからの潮流増大により、一部の送電線の容量が不足しており、容量不足解消のためには送電線増強工事が必要となっております。 (さらに&he…

詳細を見る

シャープにおける太陽光発電の取り組み

シャープにおける太陽光発電の取り組み シャープは液晶とその応用技術を使った製品で世界屈指の技術力を誇る企業です。 その液晶と並ぶ中核的事業として展開しているのが太陽電池および太陽光発電システムです。 太陽光発電の主な日本企…

詳細を見る

電気の送電、変電、配電

電気の送電、変電、配電 1回線の送電線で送ることができる電気の量を送電容量といいます。単位はキロワット。容量が大きいほどたくさんの電気を送ることができます。 送電容量を上げるためには、電圧を上げる、電流を増やして送るなど、理論上…

詳細を見る

家庭用燃料電池「エネファーム」とは

家庭用燃料電池「エネファーム」とは 家庭用燃料電池「エネファーム」とは、「エネルギー」と「ファーム=農場」の造語です。 水素と酸素から電気と熱をつくることと、水と大地で農作物をつくることはとても似ています。自分のエネルギーを自分でつ…

詳細を見る

新エネルギーの技術開発・実証段階の取り組み

新エネルギーの技術開発・実証段階の取り組み 石油に代わる新しいエネルギー技術の開発とその実用化は、さまざまなエネルギー問題・地球環境問題を解決する手段として、必要不可欠の大きな課題です。 (さらに&hell…

詳細を見る