エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

カテゴリー:原子力発電

原発は地球に優しいはずですが・・・二酸化炭素と温排水問題

原発は地球に優しいはずですが・・・二酸化炭素と温排水問題 地球温暖化の原因とされる二酸化炭素が、発電時に発生しないという理由で原発はクリーンなエネルギーといえるのでしょうか。 地球温暖化の防止のために原発は必要といわれてきました…

詳細を見る

オール電化という原発は安全という広告

オール電化という原発は安全という広告 関東地方なら東京電力、九州なら九州電力というように、日本の電力会社が一地域を独占してきました。 独占だから、電気料金が高くなっても買ってもらえなくなる心配はありません。 しかし、これま…

詳細を見る

原発はおいしいビジネス

原発はおいしいビジネス 原発は計画つくりから廃炉まで、1基ごとに100年間安定して利益を生み出す「おいしい」ビジネスなのです。 日本が原発大国になった本当の理由は、エネルギーが必要だというより、一部の人たちの利益のためでした。 …

詳細を見る

原発の事故が起きなくても被爆する人たち

原発の事故が起きなくても被爆する人たち 普通、原子力の安全といえば、原子力発電所で事故が起こらないこと思いがちですが、事故が起こらなければいいのでしょうか。 原子力発電では、原料のウランの採掘から始まり電気を起こすまで、その途中…

詳細を見る

日本の原子力施設でおきた重大事故、町の中を走る放射性物質

日本の原子力施設でおきた重大事故 日本の原子力施設では、これまで何度も大きな事故が起きています。 しかし、政府やマスコミは事故を実際より小さなものとして扱っていました。 また、電力会社も、起きた事故を隠したりしていました。 …

詳細を見る

原発開発予定地になったら

原発開発予定地になったら いきな李、原発建設計画がきたら・・ それまで平穏だった地域の住民たちの間には、この問題の対立が起きます。 原発予定地から3.5kmの祝島(人口500人)では長い間、島民の多くが反対運動を続けてきま…

詳細を見る

原発は必要という考え、原発は要らないという考え

2018.06.01

1件

原発は必要という考え、原発は要らないという考え 日本で原子力発電所の商業運転が始まったのは1966年 それから40年で原発は54基に増えました。 そして、2011年3月11日、福島第一原発の大事故によって深刻な被害が引き起…

詳細を見る

天然ウラン鉱石の埋蔵量とその価格

天然ウラン鉱石の埋蔵量とその価格 原子力発電の燃料として使われるウランは、ウラン鉱石にわずかに含まれています。 現在日本では、ウラン鉱石は採れないので100%輸入に頼っています。 天然ウランは、自然界にあるウラン資源(ウラ…

詳細を見る

原子力発電について世界各国の方針

原子力発電について世界各国の方針 2011年に日本で起きた福島第一原子力発電所 の事故は、世界の国々の原子力発電について の政策に大きな影響をあたえました。 日本も、今後のエネルギーをどのようにして いくか、国…

詳細を見る

原子力発電へらして火力発電が増える

原子力発電へらして火力発電が増える 原子力発電をやめると電力は不足します その分、天然ガスの燃料の発電がふえまし た。 また、そのほか原子力発電で作られている 電気をほかの方法で作るとしたら、どのよう な…

詳細を見る