エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

カテゴリー:エネルギー

エネルギー利用に対する課税

各国政府は、エネルギー利用の環境コストを削減するためのツールとして課税を利用するということがまだ十分にできていません。 また、気候変動や大気汚染の原因となっている温室効果ガス排出の主要因に対する攻撃も弱めています。 「エネルギー利用…

詳細を見る

新エネルギー等導入加速化支援対策事業

新エネルギー等導入加速化支援対策事業 1997年に施行された新エネルギー利用等の促進に関する特別措置法によって、先進的な新エネルギー導入を行う事業者支援の法的枠組みは整備されました。 しかし、経済性の面から実際にはなかなか導入が…

詳細を見る

住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金

住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金 国による太陽光発電導入拡大の補助、 住宅用太陽光発電の補助の対象となるのはどの費用なのでしょうか。 (さらに…)…

詳細を見る

電気事業者による新エネルギー等の利用に関する特別措置法RPS法

主要なエネルギー源を石油・石炭等の海外輸入に頼っている我が国にとって、純国産の自然エネルギーを積極的に導入することは、化石燃料の代替や二酸化炭素の排出量が少ないといった観点から緊急の課題となっています。 (さらに…

詳細を見る

再生可能エネルギー普及への取り組み

再生可能エネルギー普及への取り組み サンシャイン計画は、1993年、省エネルギー技術の研究開発を目指す「ムーンライト計画」と統合して、「ニューサンシャイン計画」に改組されます。 この頃、地球温暖化問題がクローズアップされ始めてお…

詳細を見る

エネルギー政策基本法とエネルギー基本計画

エネルギー政策基本法とエネルギー基本計画 資源やエネルギーの多くを海外に依存する日本は、その安定供給と環境への影響を考えなくてはなりません。 エネルギー政策基本法とエネルギー基本計画についてみていきましょう。 …

詳細を見る

新しいエネルギー基本計画

概要 エネルギー基本計画は、エネルギー政策の基本的な方向性を示すためにエネルギー政策基本法に基づき政府が策定するものです。 東日本大震災及び東京電力福島第一原子力発電所事故を始めとした、エネルギーを巡る国内外の環境の大き…

詳細を見る

エネルギー需給政策と新エネルギーの重点支援

エネルギー需給政策と新エネルギーの重点支援 日本は壱字エネルギーの80%以上を海外に依存し、そのおよそ半分を占める石油は99%以上を輸入に頼っています。 1970年代に2度のオイルショックを経験して、エネルギー供給構造の脆弱性が…

詳細を見る

「新エネルギー技術開発計画」通称サンシャイン計画とは

「新エネルギー技術開発計画」通称サンシャイン計画 産業界、国や地方自治体、大学や研究機関が協力する国家的プロジェクト・・・・ サンシャイン計画に始まる技術開発についてみていきましょう。 (さらに&he…

詳細を見る

オイルショックによる新エネルギーの開発

オイルショックによる新エネルギーの開発 1973年、オイルショックが始まり、その影響で新エネルギーの開発が積極的になり、エネルギー供給の変化が起こり、環境保護の問題にも目がいくようになったのではないでしょうか。 今回はオイルショ…

詳細を見る