エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

カテゴリー:エネルギー

メガソーラー発電所の問題点が気になる、太陽光発電はエコ?

メガソーラー発電所の問題点が気になる、太陽光発電はエコ? 「温室効果ガスや有害なガスを排出しないなどといった環境面のメリット」や「固定価格買取制度で収益の安定化が見込めるという事業面のメリット」など、非常に魅力的で良い点が目立つメガソ…

詳細を見る

事業者単位の省エネルギーは、もう限界か?

今回の改正法の主な対象となるのは、産業・業務部門と運輸部門の貨物輸送分野です。 産業・業務部門では、事業者による積極的な省エネの取り組みの結果、省エネがかなり進んできました。そのため、最近10年間のエネルギー消費効…

詳細を見る

低炭素社会の実現に向けて努力していく

低炭素社会の実現に向けて努力していく 安全確保を大前提とした原子力発電の活用 エネルギー自給率が8%程度の我が国において、燃料供給が安定している原子力発電はエネルギーの安定供給を支える大切な電源であり、発電の際にCO2を排出しない原子力…

詳細を見る

電気事業における二酸化炭素排出抑制対策

電気事業における二酸化炭素排出抑制対策 現代社会において、エネルギーと環境は分けて考えることはできない問題です。 エネルギー転換における非化石燃料の利用、高効率の発電設備の設置、などが二酸化炭素削減に大きく係わっています。 …

詳細を見る

自然エネルギーを最大限に活かす

自然エネルギーを最大限に活かす 自然エネルギーの導入が世界的に進んでいます。日本でも、東日本大震災による原子力発電事故で、太陽光発電や風力発電などの自然エネルギーの導入が急がれています。とはいえ、自然エネルギーの導入拡大には、さまざま…

詳細を見る

日本の自然エネルギーの導入

自然エネルギーの導入が世界的に進んでいます。日本でも、東日本大震災による原子力発電事故で、太陽光発電や風力発電などの自然エネルギーの導入が急がれています。とはいえ、自然エネルギーの導入拡大には、さまざまな課題もあります。 …

詳細を見る

経済産業省の再生可能エネルギー特別措置法FIT法とは

経済産業省の再生可能エネルギー特別措置法FIT法とは 固定価格買取制度は2017年4月の「再生可能エネルギー特別措置法(FIT法)」の改正により制度の内容に変更がある予定となっています。この法律は元々3年ごとに見直しを行うというもので…

詳細を見る

新エネルギー利用等債務保証制度とは、新規引き受けを停止

新エネルギー利用等債務保証制度とは、新規引き受けを停止 太陽光発電や風力発電、バイオマスなどといった新エネルギー事業には、だが区の資金が必要になります。 補助金や自己資金で不足する部分については、基本的に金融機関からの融資に頼ること…

詳細を見る

日本政策金融公庫の融資制度とは、新エネルギー普及のための融資

日本政策金融公庫の融資制度とは、新エネルギー普及のための融資 環境問題やエネルギー問題を解決するためには、従来型エネルギーの高効率利用システムや新エネルギー技術の開発はもとより、そのシステムを普及させることが急務です。 システム…

詳細を見る

温暖化対策に向けての取り組み課題

温暖化対策に向けての取り組み課題 地球温暖化問題は、温暖化、酸性雨、オゾン層の破壊、砂漠化など多岐にわたる課題を含んでいます。 特に、地球温暖化は、地球に様々な影響を与えることが予想されています。 現状では、地球温暖化による環境の…

詳細を見る