エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

ピークオイルって何?現在の石油開発

ピークオイルって何?現在の石油開発

石油は化石エネルギーの中で最も大量

に使われる資源です。

石油はいつまで利用できるのでしょう。

石油開発の現在はどうなっているので

しょう。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

石油開発

近年、石油開発の分野では目覚ましい

技術の進歩が見られます。

3次元で石油資源のありかを調査する技

術や油田を水平に掘る技術が普及してい

ます。

 

また、水深2000mを超える深海での石

油開発も可能になっています。

 

 

石油の将来

 

今世紀中ごろ以降に石油の生産のピークを

むかえ、その後減少するという専門家がい

ます。

これを

「ピークオイル」

といいます。

 

それが、生産がピークに近づくにつれ石油

の値段が上がれば、それまで生産コストが

高かったので採掘されなかった石油が生産

されるようになると、ピークはすぐには来

ないという説もあります。

 

また、石油に代わる新しいエネルギーが

登場すれば、石油の消費が減り、石油の

生産量も減少するので、結局、生産のピ

ークは消費の減少がもたらすともいわれ

ています。

 

 

化石エネルギーの将来

化石エネルギーは、将来、その生産が

ピークに達し、いつかは生産できなくなる

ことが心配されています。

 

遠い将来まで、価格と供給量が大きく変化

することがなく、現在のように大量につかい

つづけられるかどうか、確実なことはわかり

ません。

 

技術の進歩で新しい化石エネルギーの生産が

始まったとしても、利用できる化石エネルギー

の量が増えることはないでしょう。

 

 

確認可採埋蔵量とは

ある年に掘り出せるとわかっている化石エネ

ルギーの埋蔵量を確認可採埋蔵量とよび、

その年の生産量で割った数値を可採年数と呼び

ます。

 

現在の生産量で、あと何年、その化石エネルギー

を生産できるかを表すものです。

 

可採年数は現在、石油で約40年、天然ガスで

60年、石炭で120年です。

 

資源の豊富な場所の新発見や生産技術の進歩が

あれば、生産できる年数は増えます。

 

つまり、石油の可採年数が40年と言っても、

必ずしも40年後に石油がなくなるというわけ

ではありません。

 

しかし、石油は有限で貴重な資源なので、できるだ

け長く利用できるように大切につかいましょう。

 

スポンサードリンク

 

 

まとめ

 

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしをがんが得てみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。