エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

恐竜に時代と化石エネルギーと環境問題

恐竜に時代と化石エネルギーと環境問題

私たちは電気やガソリンなどエネル

ギーをたくさん使って便利な生活をし

ています。

その中で最も多く使われているのが化

石エネルギーの石炭、石油、天然ガス

です。

これらは、何億年も前にいた動物や植

物が、長い年月の間に地中で変化して

できたもので、化石エネルギーと呼ばれ

ています。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

便利な化石エネルギー

 

化石エネルギーは、輸送と貯蔵が便利

なうえ、とても使いやすいので、現在、

世界で最も利用されています。

 

しかし、化石エネルギーは限りある資源

です。

このままのペースで使い続けると、将来

生産がピークに達してしまうことになり、

安い値段でいつも必要なだけ利用するこ

とはできなくなるだろう考えられています。

 

また、化石エネルギーを大量に燃やすと、

地球温暖化を招くのです。

 

化石エネルギーと地球温暖化

 

石炭や石油を燃やすと、二酸化炭素の

ほかに窒素酸化物や硫黄酸化物がでます。

 

スモッグなどの大気汚染や森の木を枯らす

酸性雨は、大気中の窒素感化物や硫黄酸化

物の濃度上昇が原因とされます。

 

人の肺や気管支などへの健康被害もおこし

ます。

 

 

恐竜の時代と化石エネルギー

 

石炭、石油、天然ガスなどの化石エネル

ギーは、動物の死骸や植物が地中に堆積し

長い年月の間に熱や圧力によって変化して

できた有機物の燃料です。

石炭は、数億年以上前に茂っていた植物など

が地中に埋められできたといわれています。

石油や天然ガスの起源は、恐竜が生きていた

時代にさかのぼります。

石油はプランクトンなどが地下で非常に高い

圧力によって変化したと考えられています。

天然ガスは、地中に埋もれた有機物がバクテ

リアによって分解されてできたといわれてい

ます。

こうした化石エネルギーは、地球の長い歴史

の中でつくられた、二度と再生することはで

きない大切な資源なのです。

恐竜の時代

約2億1200万年前から1億4300万年前のジュラ紀

約1億4300万年前から6500万年前の白亜紀には

恐竜が繁栄していました。

大型のものは体重数十トンにもなりました。

しかし、白亜紀に絶滅しました。

隕石衝突による地球環境の激変が原因ともいわ

れています。

スポンサードリンク

まとめ

 

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしをがんが得てみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

スポンサードリンク

まとめ

 

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしをがんが得てみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。