エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

新しい家、新しい街づくり

新しい家、新しい街づくり

太古の昔から太陽が貯蓄してくれた

貴重な化石エネルギーを私たちは無駄

なく有効に使うべきです。

そのためには

・快適さを損なわず節約する

・機器のエネルギー効率や住宅などの

断熱性能を向上させる。

・省エネルギー技術を利用する

・自然エネルギーの利用を拡大する

そのために、私たちが住む住宅や町の在

り方を変えるアイデアも考えられています。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

新しい家

未来の建物として注目を集めるのがエコ

ハウスです。

 

アメリカのロッキーマウンテン研究所の

建物は、太陽光を効率よく取り入れ、内外の

壁を徹底して断熱構造にすることで、2200m

もの高冷地にありながら、冬の暖房費もほと

んどかからないようになっています。

 

建物の仕組みや、暮らし方そのももののスタ

イルなど、「住」

関する省エネルギーの研究が進んでいます。

 

 

エコハウスの技術

 

エコハウスの基本は自然エネルギーです。

太陽光の採光、集熱、換気循環、蓄熱、断熱

に徹底にこだわっています。

 

ほかに地中熱利用や、雪を貯蔵して夏の冷房

に使うことも考えています。

 

新しい街

スマートシティはエネルギーを上手に使う

未来の街づくりです。

 

町全体の消費エネルギーを少なくする暮らしの

研究、街全体でコジェネレーションを取り入れ

る計画もあります。

 

これは、今のように遠くの大規模発電所で余った

熱を捨てたり、送電中に電力が失われる効率の

悪いシステムではなく、地域内に廃棄物を使った

バイオガスや都市ガスによる施設を建設し、熱

と電気を捨てずに供給することで、エネルギー

効率を高めるというものです。

 

自動車に頼らず、電車を効率よく使い、歩いて

暮らせるエネルギー消費の少ない街の形も検討

されています。

 

 

ドーナツと団子

 

アメリカの多くの都市は、外側に大きな環状道路

がつくられ、多くの人はこの道路の周辺に住んで

いて、ドーナッツシティと呼ばれます。

 

これに対し、電車の駅を中心に街が形成されると

街の形が鉄道を串に刺した団子のよう見えるので

団子シティと呼びます。

スポンサードリンク

<h2>まとめ</h2>
<img class=”alignnone size-full wp-image-847″ src=”http://housyasen-labo.com/wp-content/uploads/2017/10/a4541fac4ab751b3ec9f6883c40ee73b_s.jpg” alt=”” width=”640″ height=”480″ />

&nbsp;

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしをがんが得てみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

<span style=”color: #ff6600;”>よろしければシェアやコメント等</span>

<span style=”color: #ff6600;”>してくださると幸いです◎</span>

スポンサードリンク

まとめ

 

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしをがんが得てみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。