エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

家庭でできる省エネルギー

家庭でできる省エネルギー

省エネルギーの重要性が高まるとともに

エネルギー効率の高い新技術が、うまれ

ています。

これまでの白熱灯や蛍光灯に比べ、同じ

明るさでも消費電力が少ないLED電球、

同じく電力を消費しない液晶テレビ、

燃費の良いハイブリット自動車や

エネルギー効率の高い電気自動車

などです。

ほかにも、今までは捨てていた熱を利用

して、小規模な発電を行う家庭用コジェ

ネレーション機器も開発されています。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

家庭でできる省エネ

 

省エネルギーのための活動を支援する

省エネルギーセンターでは、家庭できる

実例をあげ、省エネを呼び掛けています。

 

①電化製品のスイッチをこまめに切る

②長時間使用しない機器のコンセントは抜く

③冷蔵庫の中はつめ過ぎない、扉の開閉は

 最小限に

④服装で温度調整をしエアコンは必要な時

 だけ、設定温度は適正に。

⑤エアコンを使うときは厚手のカーテンを

 しめる。

⑥洗顔、洗髪、歯磨きの時、水を出しっぱ

なしにしない。

⑦夜更かしをしない、照明の利用を控える

⑧できるだけ徒歩、自転車、電車を利用する

 

4つ目のエネルギー源

 

化石エネルギーは、枯渇したり、二酸化炭

素を出すことで地球温暖化の問題があります。

 

原子力エネルギーは安全性が問題となり、

今後減っていくでしょう。

 

自然エネルギーはコストの問題、設置場所

十分なエネルギーが得られるか不安です。

 

これらより、確実で効果の高いエネルギー

源こそ

「省エネルギー」

なのです。

 

 

節約・節電

わたしたちの、社会の暮らし方、あり方を

見直し、本当に必要な時に最小限だけ消費し

一人当たりのエネルギー消費を抑え、食品は

地元で採れたものを食べ、家電製品や自動車

などは消費電力や燃費の良いものを選びまし

ょう。

 

省エネルギーは一番確かなエネルギー源です。

節約・節電・効率の良い使い方をしましょう。

 

スポンサードリンク

まとめ

 

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしをがんが得てみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。