エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

暮らしの中のエネルギーと産業の秘密

暮らしの中のエネルギーと産業の秘密

1次エネルギーは電気や都市ガス、燃料などの

2次エネルギーに変換され、日本中で利用されます。

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

製鉄所の品質

 

製鉄所では石炭を大量に使っています。

溶鉱炉に入れた鉄鉱石を、石炭から製

造されたコークスで溶かして、鉄をつ

くります。

 

できた鉄は、鉄道や橋、ビルの骨格など

の建造物に使われます。

また、家電製品や自動車などにも鋼板が

たくさん使用されます。

 

製鉄は産業もおおもとになる産業です。

日本の鉄鋼技術は高く、品質の高い製品

を効率よく生産します。

 

製鉄技術

製鉄所では石炭からつくったコークスを

鉄鉱石とともに溶鉱炉で溶かし、鉄を

つくります。

 

この時、酸化鉄の鉱石から酸素が取り除かれ

二酸化炭素が発生します。

 

現在、水素を使って二酸化炭素を出さない

方法も考えられていますが、

その技術は難しく、すいそが爆発する危険も

あるため、いまだ研究の段階です。

 

化学コンビナートのひみつ

 

石油は石油精製プラントの蒸留塔の中で分解

され、プラスチックの原料になるナフサや

燃料になる、ガソリン、灯油、軽油、重油

などがつくられます。

 

ナフサからはプラスチックだけでなく、繊維

ゴム、塗料や洗剤など多くの日用品がつくら

れています。

 

ガソリンや軽油は自動車の燃料に

灯油はストーブの燃料に重油は発電や船の燃料

に使われます。

 

スポンサードリンク

 

エネルギー消費

 

日本のエネルギー消費の割合は

鉄鋼や化学産業などの製造業、建設業などの

産業部門でのエネルギー消費は42.6%

 

オフィスビルやデパート、映画館、飲食店など

の業務部門でのエネルギーの使用は19.8%

 

自家用車を除く過程で消費するエネルギーは

14.0%

 

自家用車や運送のトラック、電車、船、飛行機

などモノを運ぶ交通機関で使うエネルギーが

23.6%です。

 

近年、産業部門はGDPの拡大とともに、工業出荷

額をふやし、エネルギーの利用効率をよくして

消費量を減らしたのです。

 

GDPとは国内総生産のこと、一定期間に国内で

生み出された付加価値の総額。

経済だ摂れだけ成長したかの目安になります。

 

 

まとめ

 

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしをがんが得てみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。