エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

文明とエネルギー

文明とエネルギー

suponsarink
スポンサードリンク

 

田畑で作物が栽培され、食料が豊かに

なると、人口が増えてきます。

人が増えるとエネルギー源の薪もたくさ

ん必要となり、周りの森はどんどん木が

伐採されてしまいました。

そうして森がなくなると、田畑も乾燥して

荒れ果ててしまい、作物が収穫できなくな

ります。

このように森が無くなり消えてしまった

文明もあります。

 

イースター島の文明

 

南太平洋の孤島イースター島は昔は

とても豊かな森がありました。

 

緑豊かだったイースター島には400年ほど

前まで、巨大なモアイ像をつくるほどの文明

が栄えていました。

 

しかし、人口が増えたせいで、森の木々は

切られ、土地は荒れ果てて作物もできなく

なり、文明も失われてしまいました。

 

この島の歴史は、エネルギーを大量に消費す

る私たちの未来に警告を与えているのです。

 

 

エネルギーの戦争

 

私たちの暮らしにエネルギーは欠かせなく

なり、化石資源が大量に消費されています。

このようの現代社会の始まりは、産業革命に

さかのぼります。

 

産業革命以来、人間は新しい技術の開発で

たくさんの電気や機械、商品を発明し、化石

エネルギーをもとに、人々が安心して楽に、

快適に生活ができるようにと発展してきました。

 

しかし、たくさんのエネルギーを使うように

なった結果、環境破壊がひどくなり、人々が

食料やエネルギーを奪い合うことから、歴史上

多くの戦争も起きています。

 

第二次世界大戦も戦争の原因はエネルギーの

奪い合いが原因です。

 

石油の利権を争う戦争もたくさん起きています。

1990年~91年に起きた湾岸戦争は、イラク軍

のクウェート侵攻に対して、国際連合が多国

籍軍の派遣を決定したことから始まります。

 

イラク軍はクウェートから撤退する際に、700

近い油田に火をつけたため、その後10ヵ月もの

間、火は燃えていました。

 

2011年には、北アフリカのリビアで内戦が起き

いずれも石油生産の施設を巡って争いが続き

ました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

まとめ

 

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしをがんが得てみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。