エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

エネルギーって何?あれもこれもエネルギー?

エネルギーって何?

私たちの周りにあるもの・・

テレビ、エアコン、車、パソコンなど

は、エネルギーがないと動くことも作

ることもできません。

そのエネルギーについて見ていきます。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

エネルギーとは

エネルギーとは仕事をする力のことです。

光ったり、熱を出したり、動かしたり

音を出したり・・

これらにはエネルギーが必要です。

私たちの周りには、電気やガス、ガソリン

といったエネルギーによって、仕事をして

くれるものがたくさんあります。

私たち自身も食べ物から得るエネルギーが

ないと動けませんよね。

 

 

エネルギーの種類

エネルギーは電気やガスなど、家の中のもの

だけではありません。

高いところから落ちる水

風車を回す風の力

植物を育てる太陽の光

自然の中にもエネルギーは見つかります。

エネルギーは光エネルギー

位置エネルギー

運動エネルギー

化学エネルギー

など様々です。

高いところにあるものは重力によって落下し

ほかのものを動かす力があります。

位置エネルギーは

「ものが高い場所にある時に

蓄えているエネルギー」

のことです。

運動エネルギーとは
「ものが運動しているとき

のエネルギー」

のことです。

熱エネルギーにはものを温めたりする

力があります。

手をこすり合わせると温かくなるのは

熱エネルギーが発生している証拠です。

ガソリンが酸素と化学反応で熱を発生させ

るのは、化学エネルギーの例です。

植物は太陽の光のエネルギーを利用してい

ます。

そのエネルギーででんぷんや酸素をつくります。

核エネルギーは、原子核が分裂・融合するとき

に発生する膨大なエネルギーです。
変わるエネルギー

エネルギーは、光エネルギーから熱エネルギーへ

位置エネルギーから運動エネルギーへ

と姿を変えます。

エネルギーの総量は姿が変わっても同じです。

これが

「エネルギー保存の法則」

です。

しかし、エネルギーの質は落ちてきて、最後に
周囲の温度となってなくなります。

これが

「エントロピー増大の法則」

です。

 

 

エネルギー保存の法則

エネルギー保存の法則(エネルギーほぞんのほうそく、英: law of the conservation of energy)とは、「孤立系のエネルギーの総量は変化しない」という物理学における保存則の一つである。 しばしばエネルギー保存則とも呼ばれる。

 

スポンサードリンク

 

エントロピー増大の法則

熱力学第二法則と同値なクラウジウスの不等式からこれが求められたことにより、熱力学第一法則がエネルギー保存則と対応するのになぞらえて熱力学第二法則とエントロピー増大則を対応させることもある。なお、この導出から明らかなように、熱の出入りがある系ではエントロピーが減少することも当然起こり得る。
エントロピーが増加するために、熱エネルギーのすべてを他のエネルギーに変換することはできない。したがって、熱エネルギーは低品質のエネルギーとも呼ばれる。

 

まとめ

 

2011年東北地方を巨大な地震と津波

が襲いました。

この震災によって、福島第一原子力発

電所で世界史上まれにみる大事故が

おこりました。

その事故で大量の放射性物質が空に

舞い上がり、大地へと降り注げぎ、

海に流れていったのです。

そして、たくさんの人が放射能汚染

から逃れるため、故郷を捨てなくては

ならなくなりました。

このような悲劇を二度と繰り返さな

いため、どういう方法で電気を作り、

どのように電気を使っていくのか、

これからの社会の在り方を考えてい

かなければなりません。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

<span style=”color: #ff6600;”>よろしければシェアやコメント等</span>

<span style=”color: #ff6600;”>してくださると幸いです◎</span>




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。