エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

低線量被曝とがんの関係は?健康影響について

低線量被曝とがんの関係は?健康影響について

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

低線量被曝とがんの発生率

低線量被曝による健康障害のしきい値は

わかってはいません。

低線量被曝とがんの発生率にはさまざま

な説があります。

放射線防護学の専門家の間では、高い放

射線量被曝と同じ比率で増えていくとする

見解が一般的です。

しかし、任がんが低線量を長期にわたって

被曝した症例や実験データはないので正確

にはわからないのです。

わからないから安全ではなく、できるだけ

リスクを減らすことが必要ですね

 

避難基準

ICRP(国際放射線防護委員会)のジャック

・ロシャー氏によれば、福島第一原発の事故

の後見聞きする20mSvや100mSvという基準値は

それ以下なら安全という意味でなく

「緊急時の目安」

にすぎません。

あくまで1mSvを目指すべきです。

政府が非難基準とする値は年間20mSvは

ICRP(国際放射線防護委員会)が言った

「現在の福島第一原発は緊急

事態時あたる、事故による被ばく

量が年間20~100mSvを超えない

ようにする」

の下限の値を採用しています。

ICRPは専門家の立場から放射線

防護にかんする勧告をおこなう国際的な

学術組織です。

 

 

1mSv

文部科学省は2011年4月、学校・校庭などの

利用基準を毎時3.8uSvと定めました。

この数値は、ICRP(国際放射線防護委員会)

の助言をもとに、復興期の被ばく限度の上限

である年間20mSvから割り出したものです。

一般の人の年間被ばく限度である1mSvの20倍

になります。

緊急時とはいえ細胞分裂が盛んで放射線の

影響を受けやすい子どもたちが、大人と同じ

基準でよいのかと批判が相次ぎました。

それにより、文部科学省は学校で生徒が受ける

被曝総量として1mSvを目指しています。

さらに、1mSv以下を年間基準に改めました。

 

 

ICRP

国際放射線防護委員会(こくさいほうしゃ

せんぼうごいいんかい、英: International

Commission on Radiological Protection、

ICRP)は、専門家の立場から放射線防護に

関する勧告を行う民間の国際学術組織である。

ICRPはイギリスの非営利団体(NPO)として

公認の慈善団体であり、科学事務局の所在地

はカナダのオタワに設けられている。

助成金の拠出機関は、国際原子力機関や経済

協力開発機構原子力機関などの原子力機関を

はじめ、世界保健機構、ISRや国際放射線防

護学会(International Radiation Protecti

on Association; IRPA)などの放射線防護に

関する学会、イギリス、アメリカ、欧州共同

体、スウェーデン、日本、アルゼンチン、カ

ナダなどの各国内にある機関からなされてい

ます。

スポンサードリンク

まとめ

 

2011年東北地方を巨大な地震と津波

が襲いました。

この震災によって、福島第一原子力発

電所で世界史上まれにみる大事故が

おこりました。

その事故で大量の放射性物質が空に

舞い上がり、大地へと降り注げぎ、

海に流れていったのです。

そして、たくさんの人が放射能汚染

から逃れるため、故郷を捨てなくては

ならなくなりました。

このような悲劇を二度と繰り返さな

いため、どういう方法で電気を作り、

どのように電気を使っていくのか、

これからの社会の在り方を考えてい

かなければなりません。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。