エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

燃料電池の仕組みと、これからの課題

燃料電池の仕組みと、これからの課題

発電も蓄電もできる燃料電池。

なまえに「電池」がついていますが

私たちが普段使う電池とは違います。

どんなものか見てみましょう。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

燃料電池の仕組み

水は電気を流すと水素と酸素に分かれ

ます。

反対に水素と酸素を反応させると水に

なり、その時に電気も発生します。

この仕組みを利用したのが燃料電池です。

つまり、燃料電池は水素と酸素の化学反

応を利用した発電装置なのです。

水素は燃やしても水しかできず、二酸化

炭素も出さないので、クリーンな燃料と

して期待されています。

 

 

発電し続ける電池

普段よく使う使い切りの電池を「一次電

池」といい、携帯電話などの充電できる

電池を「二次電池」と言います。

これらは発電はできませんが、燃料電池

は水素と酸素を供給し続ければ発電しつ

づけるのです。

 

 

燃料電池のメリット

 

使う燃料は水素と酸素だけ。

酸素は空気中にあります、水素は天然ガス

などから取り出します。

そして、燃料電池からできるのは水と電気

と熱だけです。

環境にやさしいクリーンな発電です。

さらに、燃料電池は何かを燃やすのではなく

水素のエネルギーを直接電気に変える、効率

のいい発電方法です。

また使う場所で発電ができるので、送電ロス

の心配もありません。

スポンサードリンク

家庭用燃料電池

家で使う電気を作ります。

燃料の水素は、家庭で使ってる都市ガスから

取り出し、それを空気中の酸素と反応させて

発電します。

発電の際に出る熱は、お湯を沸かしてお風呂

や台所などで使われます。

また、床暖房の熱としても使われます。

 

 

燃料電池自動車

 

燃料電池を乗せ、自分で作った電気の力で

走る燃料電池自動車。

ガソリンエンジンと違い、排気ガスが出ない

ので大気汚染や二酸化炭素の心配もありませ

ん。

燃料電池を使った鉄道車両も開発されています。

 

 

燃料電池の課題

燃料電池の大きな課題は、お金がとてもかかる

ことです。

水素は爆発しやすい気体なので、特殊な貯蔵タ

ンクなども備える必要があります。

とても高価になり、この費用を抑えることで

普及につながるでしょう。

 

まとめ

 

燃料電池は、さまざまな場所で活躍できるよう、

さらなる技術開発と普及に向けた標準化などが

進められているのですね。

自然エネルギーには太陽の光や風、川や海

の水があります。

ほかにも我々の周りには使われていない

エネルギーがたくさんあります。

これらはまだ、研究中であったり、発電

できる量はごくわずかだったり、と課題が

残っていますが、将来我々の生活を支えて

くれるエネルギーと思います。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。