エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

再生可能エネルギー、バイオマスエネルギーの活用法

再生可能エネルギー、バイオマスエネルギーの活用法

バイオマスとは植物や動物などの生物

から生まれた資源のことを言います。

廃材や家畜のふんなど、捨てればゴミ

になるものや作物などがエネルギーに

なります。

発電以外でどんなことに使われている

のか見ていきましょう。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

 

バイオマスの種類

廃棄物系バイオマス

人間の暮らしから生じる廃棄物

建築廃材、食品廃棄物、家畜の糞尿、下水汚泥

 

 

未利用バイオマス

利用されず捨てられてしまう農産物など
稲わら、もみ殻、間伐材

 

 

資源作物バイオマス

初めからエネルギー源として栽培されているもの
トウモロコシ、サトウキビ、菜種

 

 

熱利用

バイオマスのエネルギーは熱利用の面

からも注目されています。

山に放置された間伐材などから細かい

チップや木質ペレットを作り、それを

燃やして出る熱を利用するのが最も一

般的なバイオマス熱利用です。

石油や石炭などの代わりにつかわれ、

公共施設の暖房や温水プールなどに使

われますが、取り扱いが簡単なので

家庭用の暖房などにも利用されます。

 

 

製品利用

 

バイオマスを原料に様々な製品がつく

られています。

トウモロコシやサトウキビを主な原料

にして作られたバイオマスプラスチッ

クから携帯電話、パソコンなどいろい

ろな製品が作られます。

スポンサードリンク

 

燃料

バイオマスを原料に作られる自動車な

どの原料をバイオ燃料と言います。

自動車のほとんどはガソリンを燃料に

して走っていますが、バイオ燃料を使

えばカーボンニュートラルの考え方か

ら二酸化炭素の排出量を減らることが

できます。

バイオ燃料にはバイオディーゼルと

バイオエタノールがあります。

 

 

カーボンニュートラル

植物由来のバイオマス燃料などが

もつ、燃やしても大気中の二酸化炭

素(CO2)の増減に影響を与えない性

質のこと。

「カーボン」は「炭素」を、「ニュー

トラル」は「中立」を意味する。

バイオマスは、地球温暖化防止、循環

型社会の構築に役立つ資源として注目

されている。

バイオマスを燃焼すると化石燃料と同

じようにCO2を発生するが、植物は成長

過程で光合成によりCO2を吸収しており

、ライフサイクル全体でみると大気中の

CO2を増加させず、収支はゼロとみなさ

れる。

 

バイオディーゼル

植物油から作る燃料で、ひまわりや菜種

などから取り出した油のほか、てんぷら

の残り油を原料にして作ることもできま

す。

軽油に混ぜてディーゼル自動車の燃料と

して使われます。

基は植物なので二酸化炭素を増やさない

燃料とされています。

 

バイオエタノール

トウモロコシやサトウキビなどを発酵さ

せて作る、アルコールの一種。

完全に燃やせば水と二酸化炭素になり

環境を悪化させない燃料です。

 

バイオエタノールの問題

食料や家畜のえさになるトウモロコシ

などが燃料に回されると農作物の値段

が上がってしまい、食糧問題に発展し

ます。

日本では食糧にならない草や木などか

らバイオエタノールを作る研究がすす

められています。

 

 

まとめ

 

木くずやゴミなど、思わぬものから発電が

できることが分かりましたね。

日本にあるバイオマス発電所は、約400か所

あるといわれています。

一般廃棄物・産業廃棄物を燃料とした発電

所が圧倒的に多いのですが、木質バイオマス

食品・畜産バイオマス発電も増えています。

これからのバイオマス発電に期待ですね。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。