エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

人とエネルギー。電気の時代へ

人とエネルギー。電気の時代へ

私たちの周りにあるもの・・

テレビ、エアコン、車、パソコンなど

は、エネルギーがないと動くことも作

ることもできません。

エネルギーと人の歴史についてみて

行きましょう。

電気について解説していきます。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

電気のエネルギー

 

100年前までは灯りと言えば石油ランプ

でした。

しかし、石油ランプは薄暗く、すぐに汚

れてしまうものでした。

それを何とかしたいと思うのは多くの

人の願いでした。

電気による灯りは1799年の電池の発明、

1802年アーク灯の登場です。

アーク灯は電池を使い大気中に放電をし

光るものでした。

1882年東京の銀座にアーク灯が灯りました。

その明るさは文明開化の象徴でした。

しかし、その電池はたいへん高価だっ

たので普及はしませんでした。

 

 

電気の普及

 

今のような電気の普及は1879年にエジ

ソンが白熱電球を発明したことにより

ます。

1881年電球に必要な電気を作るために、

ニューヨークに世界初の火力発電所を

作り、電気の供給を始めました。

発電所と送電のシステムの誕生でした。

 

 

日本の発電所

日本で最初の発電所は1887年東京の日

本橋茅場町に作られた石炭による火力

発電所です。

それまでの灯りは石油ランプでしたから

スイッチ一つで明かりがともる電灯はと

ても便利なものでした。

まだ1600個の電灯をともすだけの発電で

したが、当時は十分な量でした。

1891年京都の蹴上げに琵琶湖の水を利用

した水力発電所が作られました。

電気は京都の町に送られました。

さらに日本初の路面電車も走りました。

電気は灯りにもなるし、熱を作ることも

できます。

モーターを回して動力にもなります。

また、通信にも使えるのです。

 

 

電気の利用

 

電気の利用が急に増えたのは1900年代に

入ってからです。

工場では蒸気管で動いていた機械を電気で

動かすようになりました。

1950年後半から電気洗濯機、掃除機、冷蔵

庫、エアコン、テレビなどの電化製品が普及

しはじめ、電気の利用が増えていきました。

 

エネルギーの消費

 

エネルギー消費の45%のほとんどが製造業に

よるものです。

家庭での電気の消費が増えているのです。

1965年と比べると1世帯当たりで2.2倍です

50年の短い間の変化です。

家庭のエネルギー源の変化も見られます。

1965年ごろまでは約35%が石炭でした。

しかし石炭は家庭から姿を消し、灯油に

変わりました。

1975年ごろになると灯油・ガス・電気の

割合は3分の1ずつになりました。

その後たくさんの便利な電化製品が誕生

し、家庭に普及してきました。

いまでは電気は家庭で使われるエネルギ

ーの過半数を超えています。

家庭で消費される電気の大部分を占める

のは冷暖房ですが、電子レンジ・IHク

ッキングヒーターなど電気をたくさん消

費するものも多くあります。

かつては照明器具も各部屋に一個の電灯

が当たり前でしたが、今では一部屋で

いくつもの照明器具が使われています。

さらに、一家に一台だったテレビやエア

コンも一部屋に1台になってきました。

また、パソコンなどの情報機器の普及も

電気消費を押し上げています。

今では、家庭でのエネルギーをすべて

電気にする「オール電化」というシステ

ムも登場してきました。

 

 

まとめ

 

化石燃料と呼ばれる石油・石炭・ガス

は限りあるものです。

いつまでも頼ることのできない資源です。

そうすると、自然エネルギーに変えてい

くしかないです。

しかし、再生可能エネルギーの導入につ

いては、設備の価格が高く、日照時間等の

自然状況に左右されるなどの理由から利用

率が低い等の課題があるため、火力発電な

どの既存のエネルギーと比較すると発電コ

ストが高くなっています。

また、出力が不安定で、地形等の条件から

設置できる地点も限られています。

それでもエネルギーが変われば社会も変わり

ます。

大切なのは一歩踏み出すことです。

小さな一歩でも踏み出してその向こう側の

希望の世界に進みましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。