エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

自然エネルギーによる発電。風力発電の場合

自然エネルギーによる発電。風力発電の場合

日本の各地でも市民や行政の協力によ

って、自然エネルギーの発電施設が

造られているのです。

最も実用化が進んでいるのが風力発電

と太陽光発電です。

風力発電について見ていきましょう。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

市民風車

 

青森県の鯵ヶ沢には、市民が出資して

たてた風力発電が動いています。

地域の人たちには高く、遠くの人には

低く配当する仕組みで市民から出資金

をあつめ、「わんず」という名前の風

車が動いています。

1500kwの設備で1100世帯分の電気を

作っています。

このような市民のための風車を市民風車

といいます。

日本ではまだ数えるほどですが、

ドイツはデンマークにはたくさん存在して

います。

 

風車をたてる

 

風車の発電量は風車が地面から高ければ高

いほど発電量は大きくなります。

地面には風を妨害するようなものがたくさん

あります。

しかし高いところでは邪魔をするものがない

のでよく回るのです。

風車の直径は大きければ大きいほど発電量

が増えるので、どうしても眺めのいい山頂に

巨大な風車をたてたくなります。

しかし、地域の人たちにとっては、大切な

山の景観に巨大な風車がたつことになるの

です。

風車も全然環境に影響しないかというわけで

もなく、大きな音もしますし、時には渡り鳥

がぶつかって死んでしまうこともあります。

スポンサードリンク

 

電気の質

風力発電の電気の値段はどんどん安くなって

来ています。

国によっては最も安い発電方法が風力発電と

言っています。

よく風力発電は風任せなので

「安定した発電

ができない」、

「電気の質が悪化する」

などと言われていますが、

デンマークでは最大、国全体の88%の電気を

風車が賄っていました。

しかも、電気の質に何の問題もなかったの

です。

 

 

風力発電が普及しない理由

風力発電がなかなか普及しない訳として

こんな意見が出ています。

「日本は台風が来る場所だから

風車には不向き羽がもたない」

「風力発電機は騒音・低周波を

撒き散らし野鳥が衝突し自然破

壊する」

「騒音低周波による弊害多し

その割に発電利益少ない」

などあります。

その他コストがかかるという意見も

多かったです。

 

 

まとめ

化石燃料と呼ばれる石油・石炭・ガス

は限りあるものです。

いつまでも頼ることのできない資源です。

そうすると、自然エネルギーに変えてい

くしかないです。

しかし、再生可能エネルギーの導入につ

いては、設備の価格が高く、日照時間等の

自然状況に左右されるなどの理由から利用

率が低い等の課題があるため、火力発電な

どの既存のエネルギーと比較すると発電コ

ストが高くなっています。

また、出力が不安定で、地形等の条件から

設置できる地点も限られています。

それでもエネルギーが変われば社会も変わり

ます。

大切なのは一歩踏み出すことです。

小さな一歩でも踏み出してその向こう側の

希望の世界に進みましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。