エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

スマートグリッドの課題とは?日本の現状はどうなっている

スマートグリッドの課題とは?日本の現状はどうなっている

スマートグリッドとは何のことで

しょう?

スマートグリッドは実際にあるの

ですか?

課題は残ってないのですか?

日本の現状はどうなっているので

しょうか?

解説していきます。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

スマートグリッドとは

スマートグリッドは直訳すると賢い

電力網となり、「電力を作

り運ぶこと」「家庭や工場や

会社を情報技術で網のように

結ぶ」

これからの生活の仕方を変えるとい

う意味です。

現在の電気は、消費地から離れた所

に100万kwを超える大きな原子力発

電所をつくり、鉄塔や送電線などに

費用をかけて運んでいます。

これに対し、スマートグリッドは、

その地域で使う電気をその地域で作る

ことです。

電気を作る発電と電気を使う消費を

情報機器によって自動的に調整できる

ようにし、使う電気の量を少なくします。

同時に発電と消費の費用を少なくし安全

性と安定性を目指します。

このようにすることで、ある地域が災害

で発電できなくなった時でも、送電線で

結ばれた隣の地域から電気をすぐに送れる

ようになります。

 

原発を使わない

 

発電は危険な原発を使うのではなく、火

力発電や水力発電とともに、地熱、太陽

光、風力、波力、小規模水力、バイオマ

スなどの自然エネルギーによる発電をく

み合わせます。

 

 

火力発電も減らす

 

地球を温暖化するといわれる二酸化炭

素を出す量を少なくするため、火力発電

はできるだけ少なくし、自然エネルギー

による発電を増やして行くことが必要に

なります。

経済産業省の研究報告書では、太陽光発

電を2020年には2005年の10倍、2030年に

は40倍増やすことも目指しています。

風力発電も各地にでき、日本も国の政策

として、自然エネルギーを使った発電を

増やそうとしています。

スポンサードリンク

スマートグリッドの課題

 

スマートグリッドを実現するためにはス

マートメーターを各家庭やビルや工場な

どに設置する必要があります。「メータ

ー自体の費用」「設置のための工事費」

が建物ごとにかかるため、そのコストは

非常に大きなものになります。また、セ

キュリティの問題もあります。ネットワ

ークを利用してデータの通信を行うため、

私たちが普段パソコンやスマートフォン

でインターネットを使っている時と同じ

ようにウイルスや不正アクセスなどとい

った問題が発生するおそれがあります。

 

 

日本のスマートグリッドの現状

 

スマートグリッドは使用する電気量を

少なくすることや安全安心名で電気を

使えるようにするだけでなく、家庭や

社会の危険性を少なくするシステムです

この一部は実用化しています。

たとえば、老人の一人住まいの家庭でガ

ス漏れや煙が出て火災の危険を感知する

と、すぐにガス会社が遠隔操作でガスを

とめ、必要な時は消防署に連絡する設備

がすでに実用化されています。

電気を中心にしたスマートグリッドは

外国では実用化に向け実証実験が行われ

ています。

日本でもいくつかに地域で電力会社が

中心となって、小規模の実証研究がすす

められています。

スマートグリッドの実現はそう遠くない

と思われます。

 

まとめ

 

放射線って実はとても身近にあるのもの

なのですね。

放射線は場合によってはがんなどの病気を

引き起こし、私たちの健康に重大な害をお

よぼすことはわかっています。

その一方で私たちの生活に役立つ放射線の

利用の仕方も考えられています。

今や放射線は人間の暮らしになくてはなら

ないものでもあるのですね。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

 




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。