エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

自然エネルギーによる発電、廃材やゴミでも発電できる?

自然エネルギーによる発電、廃材やゴミでも発電できる?

 

自然エネルギーによる発電とはなんで

すか?

自然エネルギーによる発電によって原

発はいらなくなりますか。

再生可能エネルギーや新エネルギーは

自然エネルギーとは違うのですか

解説していきます。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

自然エネルギー

地球の温暖化の原因と言われている二

酸化炭素、

これを出さないで電気を作るために

新エネルギーとか自然エネルギー、再

生可能エネルギーと言われるエネルギー

を使う発電が世界中で進んでいます。

2011年に成立した電気事業者による新

エネルギーの利用に関する特別措置法

によると、新エネルギーとは、風力

太陽光、地熱、水力、バイオマス

によるエネルギーとしています。

再生可能エネルギーも自然エネルギー

も同じ意味で使われています。

 

バイオマス発電

 

 

バイオマスとは、光合成で太陽エネルギー

を蓄えた植物などの生物資源の意味です。

これは有機物を燃焼させ発電に利用でき

るエネルギーともいえます。

この有機物とは、現在は光合成で作られた

ものに限定して、化石燃料である石炭や

石油とそれらから作られたプラスチックな

どは入っていない。

これらの有機物を燃焼させると二酸化炭素

が出てきますが、この二酸化炭素は再び光

合成で動植物の中に取り込まれることを

予想しているのです。

バイオマス発電には廃材やいらなくなった

材木を使う木質バイオマス発電と燃えるゴミ

やてんぷら油の廃油、牛や豚の糞や尿など

の廃棄物バイオマス発電があります。

 

 

廃油や糞尿

 

廃油から作られたバイオディーゼル燃料は

バスやトラックに使われています。

また乳牛の糞や尿を発酵させてメタンを作り

それを燃やして発電するなど小さな設備で

全国各地で行われています。

原料が安く天候にも反応させる時間も制限

されず、余ったメタンは水素に変えて水素

電池のエネルギー源として利用できます。

 

発電方法

バイオマス発電には、直接燃焼、混焼、

ガス化などの発電方式があります。

直接燃焼発電方式では、木材チップ、

廃材、農業廃棄物などの原料を直接燃

焼して、蒸気をつくり、タービンを回

して発電します。

この方式は、バイオマス原料の含水率を

できるだけ均一にすることと、バイオマ

ス原料を安定して供給することが重要に

なります。

混焼発電方式では、火力発電所でバイオ

マスと石炭と一緒に混焼します。

バイオマスの供給が不安定でも、石炭の

供給量を変えることで安定した発電を行

うことができます。

ガス化発電方式は、バイオマスを蒸し焼

きにして可燃性ガスを取り出し、精製し

たガスをガスエンジンやガスタービンで

燃焼して発電します。

 

スポンサードリンク

 

 

 

まとめ

 

放射線って実はとても身近にあるのもの

なのですね。

放射線は場合によってはがんなどの病気を

引き起こし、私たちの健康に重大な害をお

よぼすことはわかっています。

その一方で私たちの生活に役立つ放射線の

利用の仕方も考えられています。

今や放射線は人間の暮らしになくてはなら

ないものでもあるのですね。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

 




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。