エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

再生可能エネルギーによる発電のメリットとは・・

 

原発がなくなれば電気が足りなくなる

のですか?

必要な電気を確保するにはどうすれば

いいのでしょうか?

解説していきます。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

再生可能エネルギーの法律

2011年「再生可能エネルギー特別措置法」

が成立し、再生可能エネルギーによる

電気を電力会社がすべて買い取らなくて

はならないことになりました。

この法律の問題点として、送電線を電力

会社が持っているため、送電量が多すぎ

たときは、電力会社が自然エネルギーで

作った電気を買い取らなくてもよいという

のです。

また、自然エネルギーで作った電気を電力

会社がすべて買い取るために必要な経費は

全国民が負担しなければならないことです。

 

 

太陽光・風力発電

 

生物資源であるバイオマスによる発電は

火力発電と同様に安定した発電ができます。

しかし、太陽光発電や風力発電は季節や

気象の変化で日照時間が変わるとか、風の

強さが変わるなど、発電量が極端に変化し

安定した発電ができません。

これらを解決するため、電力を自然エ

ネルギーだけで作るのではなく、大きな容

量の蓄電池を置いたり、火力発電や水力発

電などを組み合わせたりすることが必要に

なります。

また、地震などの災害で電気が作れなくなる

ことをさけるため、発電所を一か所に集中し

ておくのではなく、地域に分けて設置する

必要があります。

 

 

地熱発電

 

地熱発電は発電できる場所は限定されます

が天や時間に影響されることなくいつでも

一定量の電気を作ることができます。

火山がたくさんある日本は、世界で3番目に

い2347万kwを発電することができます。

これは原発20基に相当します。

日本政府は、地熱発電などの再生可能エネル

ギーによる発電を増やすため、地面を掘って

熱水を取り出すための調査費として102億円

の補助金を出す計画がありました。

また、地熱発電所を立てるための規制もゆる

くすることを考えています。

地価の熱水を使う地熱発電は、温泉がある

地域から、温泉のお湯がなくなると反対する

声も聞かれます。

そこで温泉の熱水で小さい温泉発電の技術が

開発され、温泉を楽しみ、発電もするという

取り組みも始まっています。

スポンサードリンク

 

市町村で発電

 

チェルノブイリ原発の事故の被

害の大きさを知って原子力発電をすべてな

くしたイタリアでは再生可能エネルギーによる発電が

市町村行われていました。

再生可能エネルギーによる発電は原子力発電

所のように大きな発電所がいらないので、地

域ごとに発電できます。

地域ごとの発電では、発電所と家庭や工場など

が近くなり、電気を送るときに電線で失われる

電気の量を少なくできます。

また、1つの地域が災害などで発電できなくなっ

ても、ほかの地域からの発電で補うことができ

ます。

このように送・受電網のネットワークで結んで

家庭や工場などに電気を安定して供給すること

を考えています。

これを「スマートグリッド」

と呼んでいます。

 

 

まとめ

 

放射線って実はとても身近にあるのもの

なのですね。

放射線は場合によってはがんなどの病気を

引き起こし、私たちの健康に重大な害をお

よぼすことはわかっています。

その一方で私たちの生活に役立つ放射線の

利用の仕方も考えられています。

今や放射線は人間の暮らしになくてはなら

ないものでもあるのですね。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。