エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

原発は発電の量の調整はできますか?夜も同じ電気量ですか?

原発がなくなれば電気が足りなくなる

のですか?

必要な電気を確保するにはどうすれば

いいのでしょうか?

解説していきます。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

発電量の調整

一日に使う電気の量は一定ではなく

変化しています。

しかし、原発は、この1日の変化に

併せて発電する電気の量を調整する

のは難しいので、いつも一定の発電

をしなければなりません。

時間ごとの使用量の変化に合わせて

必要な電気を送るために、火力発電

や、水力発電を使って発電量を調整

しています。

原発は発電量の調整が難しい

原発が使用量の変化に合わせて発電

を調整できないのは、原発を短い時間

で停止させたり動かしたりすることが

難しいことと、原子炉内の温度や核反

応を変えないほうが安全性を保つ上で

望ましいのです。

原発の発電を止めるためには、制御

棒を燃料棒の間に入れて中性子を吸収

して、核分裂反応を止めで温度を下げ

ます。

しかし、核分裂反応が止まっても核燃

料が崩壊熱を出すため、原子炉内の温

度は短時間で下げることはできません。

また、原子炉内の圧力が高い状態で

急に冷やすと原子炉が壊れることがあ

ります。

 

 

原発は夜でも同じ

 

原発で発電した電気は、昼でも夜で

も同じ発電量を保っています。

電気製品を大型化したり、家庭生活の

電化を進めたり、自動販売機を多く

設置したり、深夜になっても町の中が

明るくなっているのは、夜の原発の電

気を使わせるためです。

2011年、夏に多くの人たちが取り組ん

だように、会社や家庭で必要ない電気

を使わないようにし、特別に明るい電灯

を深夜までつけないような努力を続け

ると、原発で発電する量を少なくする

ことができます。

 

スポンサードリンク

 

原発以外の発電

 

 

原発を可能な限り使い、ほかの発電を

少なくしています。

発電の可能な量で見ると火力発電は

35%しか動いていません。

水力発電も20%しか発電していません。

2011年の夏に原発が事故や点検で発電

を止めても火力・水力で電気を作りま

した。

また、どうしても急に電気が必要にな

ったときは、企業の自家発電の余った

電気を電力会社が買い取りました

 

 

 

まとめ

 

放射線って実はとても身近にあるのもの

なのですね。

放射線は場合によってはがんなどの病気を

引き起こし、私たちの健康に重大な害をお

よぼすことはわかっています。

その一方で私たちの生活に役立つ放射線の

利用の仕方も考えられています。

今や放射線は人間の暮らしになくてはなら

ないものでもあるのですね。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。