エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

もんじゅの廃炉は決定?高速増殖炉はどんな原発ですか?

 

高速増殖炉はほかの原発とどこが違

うのですか。

もんじゅは今発電しているのですか

高速増殖炉もんじゅについて解説し

ていきます。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

「もんじゅ」

福井県敦賀市に知恵の仏である

文殊菩薩から名前を付けた

「もんじゅ」

は世界でただ一つ高速増殖炉という

特殊な原発があります。

もんじゅは高速の中性子を使うので

高速増殖炉といいます。

高速増殖炉は核燃料を使えば使うほど

元の量より増えるというのですが、

どういうことでしょうか。

高速増殖炉の燃料はウランではなく

プルトニウムを使います・

プルトニウムはウランよりも簡単に

核分裂を起こしやすいのです。

核分裂をしにくいウラン238をプル

トニウムと一緒にすると、プルト

ニウムが核分裂を起こし複数の中性

子が飛び出し、ウラン238にあたると

プルトニウム239に変わりますd。d

このように使ったプルトニウム以上に

ウラン238から新しいプルトニウムが

できます。

しかし、高速増殖炉は非常に危険な

プルトニウムを大量に作ります。

また、事故を起こしやすく多額の費用

がかかるためフランス・アメリカ・

イギリス・ドイツは開発をやめました。

 

冷却材

高速増殖炉は冷却材として水を使う

ことはできません。

核分裂で飛び出した中性子はたいへん

高速で高速増殖炉は水で冷やす程度で

は間に合いません。

冷却材に100℃で液体になる金属ナトリ

ウムを使います。

金属ナトリウムは、中性子に比べて

23倍も重いので中性子の速さはかわ

らないのです。

高速増殖炉は、事故を繰り返し起こ

しています。

10年かけて完成したもんじゅは1995年

8月に発電をはじめました。

しかし、3か月後に温度計が壊れ、ナトリ

ウムが漏れ、空気中の酸素と反応して燃え

上がる大事故を起こしました。

当時管理していた核燃料事業団は、事故を

軽いものに見せるためにビデオテープを

作り変えて報告しました。

 

スポンサードリンク


 

蒸気発生器

もんじゅに使われているナトリウムは

およそ1520tです。

ナトリウムは約500℃の高温の液体のまま

原子炉と蒸気発生器の間を動いて原子炉を

冷やします。

もんじゅの蒸気発生器は高温のナトリウム

と高温の水が暑さ約3.5mmの薄いステンレ

スの細い管を境に接しています。

もしこの細い管に穴が開き、水とナトリウム

が触れると水素が発生して爆発します。

1987年イギリスの高速増殖炉では蒸気発生器

の細い管が割れてナトリウムと水が反応して

大爆発を起こす大事故がありました。

 

 

暴走する危険

高速増殖炉は、高速中性子とプルトニウム

都の核反応を効率よくするため、燃料を多く

詰め込んでいます。

この反応はとても速く制御棒でコントロール

することは難しく、暴走すると止めることが

できません。

政府はこのように未完成のもんじゅに5000億

円の税金を使いました。

さらにナトリウム漏れ後に税金を2兆4000億円

使っています。

もんじゅは現在停止したままですが、

発電しなくても一日5500円の経費がかかって

います。

 

まとめ

 

放射線って実はとても身近にあるのもの

なのですね。

放射線は場合によってはがんなどの病気を

引き起こし、私たちの健康に重大な害をお

よぼすことはわかっています。

その一方で私たちの生活に役立つ放射線の

利用の仕方も考えられています。

今や放射線は人間の暮らしになくてはなら

ないものでもあるのですね。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。