エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

放射線はなぜ子どもに被害が集中する?

 

放射線を浴びると、体の中でどのよう

なことが起こるのですか?

放射線は目に見えないだけでなく、

匂いもしないです。

さらに、人にあたっても痛くも痒く

もないのです。

このように放射線は人間の感覚で

とらえることはできません。

つまり、放射線から命や健康を守る

ためには放射線についての正しい知

識が必要ですよね。

年齢が小さいほど放射線の影響を

強く受けるのはなぜでしょう。

解説していきます。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

細胞分裂が盛ん

 

年齢が小さい子ほど細胞分裂が盛ん

なので大人と同じように放射線を浴びて

も子どもに被害は大きくなります。

この子どもに起こりやすい甲状腺ガン

は、早く発見すれば手術で命は助かり

ますが、しかしその後一生ホルモンを

補う薬を飲み続けなければならなくな

ります。

 

ヨウ素対策

 

 

甲状腺にヨウ素131を取り入れないよう

にする方法が一つあります。

その方法とは・・・

甲状腺がんを引き起こすのがヨウ素131

という放射性ヨウ素です。

甲状腺がこのヨウ素を取り込まないよう

にするには甲状腺を放射性ヨウ素以外の

ヨウ素でいっぱいにしておくことにより

ヨウ素131を取り込まないようにすること

です。

そのためには放射性でないヨウ素を含む

薬であるヨウ素剤を飲むことです。

この薬は環境に放射性ヨウ素がもれだし

たらすぐに飲まなければ効果はないです。

医療関係者の助言を受けたら安心ですね。

 

甲状腺がんの発生数

 

1986年チェルノブイリ原発事故後の甲状

腺ガンの発生数は5年目から増え始めてい

ます。

福島県で18歳以下の子どもたちの甲状腺

の検査を今後ずっと続けるのは、異常を

すぐに発見して、早めの治療を行うこと

です。

 

スポンサードリンク

今後の課題

 

いまだに続く放射性物質の放出を一刻も

早く止め、放射能測定をしっかり行う

こと、放射性汚染食品を食べさせないこと

汚染された表土をしっかり取り除き、

安心して暮らせるには、急いで大がかり

に進めることが必要です。

放射線を浴びると、体の中でどのよう

なことが起こるのですか?

放射線は目に見えないだけでなく、

匂いもしないです。

さらに、人にあたっても痛くも痒く

もないのです。

このように放射線は人間の感覚で

とらえることはできません。

つまり、放射線から命や健康を守る

ためには放射線についての正しい知

まとめ

今の時点で安全か危険かを「証明」でき

る人はいないからです。

それらのデータは、個人の研究や見解です。

人類の歴史の中ではまだまだ使い始めた

ばかりの原子力。

爆弾や大量破壊兵器としての使い方が

大きく取り上げられているが

もっと別の使い方もあるはずです。

核のリサイクル、中間貯蔵施設など

今後の日本の方向性を理解して

情報を自分なりに判断して答えを出す

ことが重要です。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。