エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

放射線の影響を受けやすい細胞分裂のとき

 

放射線を浴びると、体の中でどのよう

なことが起こるのですか?

放射線は目に見えないだけでなく、

匂いもしないです。

さらに、人にあたっても痛くも痒く

もないのです。

このように放射線は人間の感覚で

とらえることはできません。

つまり、放射線から命や健康を守る

ためには放射線についての正しい知

識が必要ですよね。

今回は放射線と細胞分裂の関係が影

響を受けやすいのかについて

解説していきます。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

細胞分裂

人体は大人で約60兆個の細胞でできて

います。

しかし生まれてから我々はずっと同じ

細胞のまま生きているわけではありません。

神経細胞など一部の細胞を除いて、

非常にたくさんの細胞が約1か月で新し

い細胞に入れ替わります。

そのため各部分の細胞は同じ細胞を

細胞分裂をして新しい細胞を作り

それが古い細胞と入れ代って行くのです。

例えば皮膚では皮膚の細胞の元になる細

胞が分裂して2つの細胞になりそのうちの

一つは幹細胞として残り、もう一つは

皮膚の古い細胞と置き換わります。

同じように骨でも細胞分裂が行われ

新しい骨の細胞におきかわっていきます

このようにほとんどの細胞は一定の期間

はたらくと、細胞分裂をはじめます。

その細胞分裂を行うことが、放射線による

影響を受けやすい状態を作ります。

 

 

細胞の被害

 

なぜ細胞が分裂するときに放射線の影響

を受けやすいのでしょうか。

それは、細胞分裂を起こすときに、放射線

に対して非常に弱い時期があるからです。

細胞は生命活動を保つために必要ないろ

いろなたんぱく質を作ります。

同じたんぱく質を正しく作るためには

設計図が必要です。

この設計図の役割をするのが遺伝子

です。

遺伝子はDNAとも呼ばれ、二重のらせ

ンになった細長い分子です。

この遺伝子が、人では1つの細胞の中に

46個あります。

細胞分裂を始める前になるとDNAを2倍

に増やす時期や遺伝子が太い塊になる

時期があるため、これらに放射線が当た

りやすくなります。

細胞には被害を抑える働きも備わっており

傷の大部分は治されます。

しかし、傷ついた細胞が元通りになると

は限りません。

特に二重のらせん状の細胞が分かれて1本

になった時期にその一本が放射線できられ

ると元に戻すのが難しくなります。

細胞は治せない傷が多いと死んでしまい

ます。

死ぬ細胞が多いと器官が働かなくなって

ひどい場合は体全体が死んでしまいます。

スポンサードリンク

ガン

 

DNAの傷を誤って治した場合、設計図

とは違ってきますから、これまでとは違う

働きを持つ細胞ができます。

これらがどんどん増えると、体全体に悪

影響を及ぼすガンになることがあります。

 

 

まとめ

 

今の時点で安全か危険かを「証明」でき

る人はいないからです。

それらのデータは、個人の研究や見解です。

 

 

人類の歴史の中ではまだまだ使い始めた

ばかりの原子力。

爆弾や大量破壊兵器としての使い方が

大きく取り上げられているが

もっと別の使い方もあるはずです。

核のリサイクル、中間貯蔵施設など

今後の日本の方向性を理解して

情報を自分なりに判断して答えを出す

ことが重要です。

 

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。