エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

放射線の影響を受けやすい細胞とは・・

放射線の影響を受けやすい細胞とは・・

放射線を浴びると、体の中でどのよう

なことが起こるのですか?

放射線は目に見えないだけでなく、

匂いもしないです。

さらに、人にあたっても痛くも痒く

もないのです。

このように放射線は人間の感覚で

とらえることはできません。

つまり、放射線から命や健康を守る

ためには放射線についての正しい知

識が必要ですよね。

今回は放射線にどのような細胞が影

響を受けやすいのかについて

解説していきます。

ベルゴニー・トリボンドーの法則

どんな細胞が影響を受けやすいので

しょうか?

それにはおおまかな法則があります。

それが

ベルゴニー・トリボンドーの法則

です。

分化をしていない細胞ほど影響が大きい

細胞分裂が盛んな細胞ほど影響が大きい

細胞の一生のうち細胞分裂の回数が多い

細胞ほど影響が大きい

これがその法則です。

スポンサードリンク

分化

そこで文化とはいったい何でしょう。

分化とは、私たちの生命は受精卵という

1つの細胞から始まり、受精卵はいくつも

に分裂してどんどん細胞を増やし、その

うちに、形や働きが違ういろいろな細胞

に分かれて行きます。

この特定の形と働きを持つ細胞に分かれる

ことを分化と言います。

分化した細胞がさらに分化し、同じ組織が

集まって組織を作り、

いろいろな組織が集まって、消化器官で

ある胃や腸、呼吸器官である肺など、

各器官から人体はできています。

放射線の影響

放射線は分化する前の細胞ほど影響が

大きいのなら、分化の最初の段階である

受精卵や、そのすぐ後の母親の胎内

で生育中の胎児が放射線を浴びるのは

大変危険ですよね。

また、盛んに細胞分裂をくり返す細胞

や、細胞が一生の間に細胞分裂を行う

回数が多いほど、影響を受けやすい時間

が多くなるからです。

 

まとめ

 

今の時点で安全か危険かを「証明」でき

る人はいないからです。

それらのデータは、個人の研究や見解です。

 

 

人類の歴史の中ではまだまだ使い始めた

ばかりの原子力。

爆弾や大量破壊兵器としての使い方が

大きく取り上げられているが

もっと別の使い方もあるはずです。

核のリサイクル、中間貯蔵施設など

今後の日本の方向性を理解して

情報を自分なりに判断して答えを出す

ことが重要です。

 

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。