エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

放射線とは?アルファ線・ベータ線・ガンマ線

 

目に見えない放射線がどのような

ものであるのでしょうか

イギリスのラザフォードが発見した

アルファ線・ガンマ線とはどのような

ものなのでしょうか。

またガンマ線とは・・・

これらについて解説していきます。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

アルファ線・ベータ線

 

放射線の正体を明らかにするため

イギリスのラザフォードはラジウムから

でる放射線が磁石によってどのように

進路を曲げるかを調べて、2種類の放射

線を発見しました。

1つをアルファ線

もう1つをベータ線と名づけました。

ラジウムのそばに磁石を置くと、アルフ

ァ線は一方向に曲がり、ベータ線はそれ

とは逆に曲がります。

その曲がる方向からアルファ線はプラス

の電気を持つ粒の流れであり、

ベータ線はマイナスの電気を持つ粒の

流れということがわかりました。

ベータ線はよく曲がり

アルファ線はあまり曲がらないことから

アルファ線のほうが重い粒であるとわか

りました。

その後の研究で、アルファ線は陽子2

個と中性子2個が一体となった粒で

ヘリウムの原子核であることが分かりました。

ベータ線は、日常使う電流の本体である

電子と同じものでしたが、原子核の中か

ら飛び出てくる電子である点が電流とは

ちがうのです。

スポンサードリンク

原子核から出てくる

ラザフォードは原子がどのようなつくり

になっているかの研究も行っていました。

実験の結果、原子は中心に原子核という

粒があって、その周りをもっと小さな電

子が回っていることを発見しました。

そして、放射線は原子の中心にある原子

核から出てくることも発見しました。

 

 

ガンマ線

フランスのポール・ヴィラールによって、

磁石に影響されずそのまま直進する放射

線が発見されました。

ガンマ線と名づけられた放射線は光で

波長が短くエネルギーが大きい電磁波で

あり、エックス線と同じような性質でし

た。

エックス線が原子核の外側で発生する

のに対しガンマ線は原子核内部から放出

される違いがあります。

これら3種類の放射線が天然にある物質

から出ている放射線で、普通放射線とい

った場合、この3つのことです。

のちに中性子線やエックス線も放射線の

仲間に入れました。

 

 

ラザフォード

初代ネルソンのラザフォード男爵アーネスト・ラザフォードは、ニュージーランド出身、イギリスで活躍した物理学者、化学者。 マイケル・ファラデーと並び称される実験物理学の大家である。α線とβ線の発見、ラザフォード散乱による原子核の発見、原子核の人工変換などの業績により「原子物理学の父」と呼ばれる。

ウィキペディア

 

ポール・ヴィラール

ポール・ヴィラール(Paul Ulrich Villard,1860年9月28日 -1934年1月13日)はフランスの化学者、物理学者である。1900年にウランから放出される放射線の中のガンマ線を発見した。
物理化学の分野の研究者であった。ガンマ線を発見した時はパリの高等師範学校の化学部門で働いていた。1896年のアンリ・ベクレルのウランからの放射線の発見は当時の物理学の最先端の研究分野となり、ベクレルやラザフォードやキュリー夫妻らによって、放射線の正体が何であるかの研究がすすめられていた。放射線に正電荷をもつアルファ線と、負電荷をもつベータ線があって、それらの粒子線の質量と電荷の比などが研究されていた。ヴィラールは放射線の飛跡の写真から、電荷を持たず、透過力の高い3番目の種類の放射線の存在を発見し、1900年に発表した。当時はアルファ線、ベータ線の正体が物理学者たちのもっとも興味のある対象であったため、ヴィラールの発見は注目されなかった。ヴィラール自身もガンマ線の研究を続けなかった。なお、この放射線がガンマ線と名づけられるのは1903年、ラザフォードによってである。

ウィキペディア

 

まとめ

 

どんなに対策を講じても、それを上回る

災害に見舞われることもあります。

絶対の安全を確保するということは

とても難しいと言えますね。

人類の歴史の中ではまだまだ使い始めた

ばかりの原子力。

爆弾や大量破壊兵器としての使い方が

大きく取り上げられているが

もっと別の使い方もあるはずです。

核のリサイクル、中間貯蔵施設など

今後の日本の方向性を理解して

情報を自分なりに判断して答えを出す

ことが重要です。

 

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。