エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

放射性物質を含んだ食品を食べ続ければ健康に被害を及ぼすことに

放射性物質を含んだ食品を食べ続ければ健康に被害を及ぼすことに

福島第一原子力発電所の事故で

メルトダウンが起きていたというが

それはどのようなことなのでしょう。

大地震で止まったはずの原子炉、

放射能物質が漏れるとどうなるの

でしょうか?

解説していきます。

 

suponsarink
スポンサードリンク

大量に飛び散った放射性物質


福島第一原子力発電では厳重にしなく

てはならない放射性物質が水素爆発に

よって大気中に大量に飛び散りました。

また、冷やすために送り込む水も漏れて

原子炉建屋やタービン建屋にたまり

放射性物質を含む大量の水が海に流れ

てしまいました。

壊れた個所を一刻も早く修理して

放射性物質を出さないようにしなければ

ならないところですが、この作業は原子

炉周辺に飛び散った放射性物質から出る

強い放射線が大変危険なため人が作業

するのは困難でなかなか進みませんでした。

 

 

広がる放射性物質

大気中に飛び散った放射性物質は風に

乗って日本はおろかアメリカやヨーロッパ

にも広がりました。

特に原発を中心とした福島県とその周辺では

風に流されて来た大量の放射性物質が雨

にも含まれ地面にも降りつもり、多くの

住民が被害を受けました。

中でも放射線の影響を受けやすい子ども

たちに深刻な被害を広げていました。

 

 

放射性物質から避難

 

政府は爆発した原発から風に乗って

拡散する放射性物質からの避難の指示の際

原発を中心に避難範囲を示しました。

しかし、放射性物質は特定の方向や場所に

集中して降っていました。

これは風向きやその後の雨で上空から

地表に落ちたものです。

高い山で放射性物質の流れが一定さえぎら

れたこともあります。

緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシ

ステム(SPDDI)が危険度の高い地域

を予測していたにもかかわらず、このこと

は公表されず、避難に生かされませんでした。

スポンサードリンク

 

放射性物質の規制値

農産物や畜産物も放射性物質で汚染され

出荷してはいけないほど汚染された牛肉が

検査をすり抜けて市場に出回ることもあり

ました。

出荷を止める基準である規制値を超えて

汚染され食品は絶対に出荷させなくては

なりません。

しかし、基準値以下であっても放射性物質

を含んだ食品を長い期間食べ続ければ

健康に被害を及ぼす可能性もあります。

 

 

まとめ

 

どんなに対策を講じても、それを上回る

災害に見舞われることもあります。

絶対の安全を確保するということは

とても難しいと言えますね。

人類の歴史の中ではまだまだ使い始めた

ばかりの原子力。

爆弾や大量破壊兵器としての使い方が

大きく取り上げられているが

もっと別の使い方もあるはずです。

核のリサイクル、中間貯蔵施設など

今後の日本の方向性を理解して

情報を自分なりに判断して答えを出す

ことが重要です。

 

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。