エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

なぜ福島原発のメルトダウンは起きた?防ぐことができたのか?

福島第一原子力発電所の事故で

メルトダウンが起きていたというが

それはどのようなことなのでしょう。

大地震で止まったはずの原子炉、

なぜ事故は起きたのでしょうか?

解説していきます。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

福島原発の事故


12011年3月11日東北地方の太平洋沖を

震源とする巨大地震が起こりました。

それにより福島第一原子力発電所で

世界で経験のない重大な事故が起き

ました。

自身により原子炉では制御棒が働き

核分裂が止まりました。

しかし原子炉は冷やさなければならな

いが、停電のため原子炉を冷やすことが

できなくなり原子炉内部の温度が上がり

過ぎて燃料が溶けだし、発生した水素が

爆発して大量の放射性物質が飛び出しました。

 

 

崩壊熱

 

核分裂は止まったのに原子炉は冷やさなけれ

ばならないのでしょうか?

それは、核分裂とは別の仕組みによる熱が発生

しているからです。

個の熱を崩壊熱と言います。

核分裂の後にできたものは長い間放射線を出し

続けます。

これは死の灰と呼ばれるものが出す熱です。

木や紙が燃えた後にできるのが

核分裂後にできるのが死の灰です

は熱を出すことはないが

死の灰は長い期間熱を出し続け、水をかけ

ても熱の発生が止まることはないので

ずっと水をかけ冷やし続けなければなりません。

福島第一原子力発電所では崩壊熱を冷やすため

の装置がすべてダメになって原子炉内の温度が

どんどん上がってしまい

メルトダウンや水素爆発が起きたのです。

 

 

水素爆発

原子炉に冷却水を送り込めなくなり、原子炉内

の水が蒸発して、水が減りました。

水面が下がると燃料棒自らの崩壊熱で温度が

一気に上がってしまいます。

ウラン燃料を入れる管のジルコニウム合金は

1000度になると水蒸気と反応し水素を発生させ

ます。

その水素は原子炉圧力容器にたまります。

原子炉容器内の圧力はどんどん高くなって

容器が破裂してしまう危険性ができます。

そこで圧力を下げるため弁を開いて排気し

ます。

その時水素も出てしまったのです。

この水素が建屋にたまり、一気に燃えて

爆発が起こりました。

これが水素爆発です。

スポンサードリンク

メルトダウン

水が蒸発して減ることによって燃料棒が

水面から出てしまい、全く冷やせなくなり

ます。

燃料棒は温度が上がり、ついに2800度になり

核燃料が溶けて個体から液体になって下に

落ちてしまったのです。

これがメルトダウン(炉心溶融)です。

さらに溶けた高温の燃料の熱によって圧力容

器の底も解けて穴が開き、燃料の一部が格納

容器にも落下するメルトスルー(溶融貫通)

起きました。

溶けた燃料がさらに建屋の床を溶かし地中に

抜けているかもしれません。

もしかしたら地下水を通して環境に危険な

放射性物質が漏れているかもしれない深刻な

事態です。

 

 

まとめ

 

どんなに対策を講じても、それを上回る

災害に見舞われることもあります。

絶対の安全を確保するということは

とても難しいと言えますね。

人類の歴史の中ではまだまだ使い始めた

ばかりの原子力。

爆弾や大量破壊兵器としての使い方が

大きく取り上げられているが

もっと別の使い方もあるはずです。

核のリサイクル、中間貯蔵施設など

今後の日本の方向性を理解して

情報を自分なりに判断して答えを出す

ことが重要です。

 

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。