エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

世界の核兵器を廃絶することは可能なのか?

世界の核兵器を廃絶することは可能なのか?

新聞や雑誌などで「放射能の恐怖」

「脱原発」など言われているが

あなたは本当に放射能について理解

しているのでしょうか・

 

正しい科学的知識で原子力発電のシス

テムを知って自分の立場をきちんと判

断できるようにしましょう。

 

正しく理解できれば原子力の問題点が

きっと見えてくるでしょう。

 

原子力発電にしても核兵器にしても

核分裂で発生したエネルギーを利用した

ものです。

 

違うのは核分裂するスピードです。

 

解説していきます。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

核兵器の開発

 

原子炉は核分裂が制御され、ゆっくり

進みます。

それに対し原子爆弾の場合は、一瞬に

して、爆発的に起こります。

原子炉では核分裂を起こしやすいウラ

ン235の割合が燃料全体の3~5%に

たいし、原子爆弾の場合は効率よく

爆発させるためウラン235を含む高濃縮

ウランやプルトニウム239の割合を高め

た核兵器級プルトニウムが使われていま

す。

原子力発電所の材料や技術で核兵器の開

を行うことはできるのです。

 

 

水素爆弾

 

原子爆弾の恐ろしさがよく知られる

ようになると、原子爆弾の開発に

携わった科学者の中にも核兵器の開発

をやめるように呼び掛ける者もあらわ

れました。

しかし、原子爆弾よりさらに破壊力の

ある水素爆弾がつくられました。

水素爆弾は核融合を利用したもので

1954年アメリカ合衆国が太平洋のビキ

ニ環礁で水素爆弾の実験を行いました

この爆弾は広島県に落とされた原子爆

弾の1000倍の爆発威力がありました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

核拡散防止条約

国際原子力機関(IAEA)は世界各国に

対し原子力平和利用の材料や技術が

軍事目的に使われていないか監視を

行っています。

1970年に核兵器の保有国をこれ以上

増やさないことを目的とした

核拡散防止条約

が発効されました。

こちらの記事もどうぞ
↓↓↓↓↓
原子力発電と核兵器、何がちがう?

 

 

まとめ

 

本当に必要なのは核拡散防止ではなく

世界中の核をなくす核兵器の廃絶です。

恐ろしい核戦争を防ぐためにも科学

技術が兵器に利用されることがあっては

ならないです。

 

 

人類の歴史の中ではまだまだ使い始めた

ばかりの原子力。

爆弾や大量破壊兵器としての使い方が

大きく取り上げられているが

もっと別の使い方もあるはずです。

核のリサイクル、中間貯蔵施設など

今後の日本の方向性を理解して

情報を自分なりに判断して答えを出す

ことが重要です。

 

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。