エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

家中の照明テクニック

照明テクニック
部屋別照明テクニックでは、キッチン、ダイニング、リビング、寝室、トイレといったように、住宅にある様々な部屋ごとにどういった照明がオススメなのか?また、どのようなテクニックが有効なのかを照明という分野から分かりやすく掘り下げていきます。

suponsarink
スポンサードリンク

 

リビング

リビングルームにおける照明プラン

リビングルームでは、バランスの取れた照明設計が重要になります。リビングは多目的に利用される場所ですので、こうした場所では、様々な用途に対応できるだけの照明が必要になります。
リビングでは、多くの家族が集まる場所であり、多くのことが行われる場所でもあります。そのため、汎用性を持たせた設計が重要になるでしょう。

ポイント:主照明+補助照明で調節できるように

間接照明をメインにしたい場合でも、主照明は必ず設けましょう。作業時などに使えるようにある程度大き目のシーリングライトなんかがオススメです。間接照明だけでは、明るさが足りなくなることがあります。
ただし、間接照明(補助照明)を利用する場合には明るすぎる主照明は避けましょう。状況によって調整が可能となることがリビング照明のポイントです。

例えば、何らかの作業をする場合には十分な明るさが必要になり、映画をみたり、ゆっくりとくつろぎたいときにはできるだけ照明を暗くできると落ち着きます。

このように、主照明+補助照明によって明るさを明るめ~暗めまで調節できるようにします。

ポイント:補助照明はダウンライトで

リビングの補助照明としてオススメしたいのはダウンライトです。主照明(シーリングライト)とダウンライトの使い分けをするだけでも明るさのコントロールが可能になります。
ただし、ダウンライトの場合設置にあたり工事が必要になることが多いので、工事ができない場合などはスタンドライト、フロアライトなどで代用すると良いでしょう。

 

ダイニング

ダイニングルームにおける照明プラン

ダイニングルームの場合、まずは食事をするための十分な明るさを確保するということと、食事を美味しく見せるということがポイントになります。そのためのポイントとしては「演色性」と「ランプの色」が第1のポイント、ついで照明器具の配置がポイントとなります。

演色性とランプの色

まず、食事が美味しく見える色というのは、そのもの本来の色がどれだけ出せるかということになり、できるだけ「演色性」の高いランプが望ましいとされます。演色性の高さだけを見れば白熱電球が最も高いのですが、光熱費や寿命考えると蛍光灯を選ばれる方も多いかと思います。
蛍光灯を選ぶ場合は、演色性の高い「三波長型(型番EX)」を選ぶと食事に十分な演色性が得られます。次に、ランプの色についてですが、食事を美味しく見せる色身としてはできるだけ暖色系の色がオススメです。蛍光灯で言えば「電球色(L)」「温白色(WW)」などが代表的です。

ただし、ダイニング照明として最もおすすめな照明は「ハロゲンランプ」です。これをスポットライトとして利用すれば効果抜群です。ハロゲンランプの演色性(演色評価数:Ra)は100ですので、色の再現性はバッチリです。また、スポット的に明るさを出す事で料理だけを照らして影を作り、よりオシャレな雰囲気を楽しむことができます。

オシャレなカフェやバーなどでもハロゲンランプを使った照明は一般的です。
その際は、前面に熱を送らないダイクロイックミラーを使ったものを選びましょう。

照明の配置・おすすめの器具

照明器具の配置については、ダイニングテーブルの真上に照明がくるようにすると良いでしょう。ダイニング照明のおすすめはペンダントライト・スポットライトです。光源が食卓に近くなる分、シーリングライトを利用する場合よりも食卓だけが照らされることになり、食事に集中しやすい環境を作り出せます。

予めダクトレールなどを用意しておけば、ランプの位置を動かせるのでこうした配置もオススメです。最近では、特別な工事が不要なダクトレールも販売されているのでこうったものも活用しましょう。

 

 

寝室

寝室(ベッドルーム)における照明プラン

寝室(ベッドルーム)の照明は原則として「落ち着ける雰囲気」を作り出すことが重要です。寝室は通常、食後~就寝までの時間において最後の方に過ごす場所です。そのため、体を「眠りモード」に変えてくれる場所にしていくべきなのです。

そこで考えたいのは「ランプの色と明るさ」「その他利用時の利便性」の2点を考慮した照明プランを考えていきましょう。

ランプの色と明るさ

照明の色については原則として暖色系(色温度の低いランプ)を使うのが原則となります。適しているのが蛍光灯で言えば「電球色(L)」があげられます。また、明るさについては、できれば徐々に暗くなっていくようにすると体が「あーそろそろ眠る時間だなー。」と感じるようになり自然と眠くなり、寝つきが良くなるとされます。
部屋の照明構成を多灯式(複数の照明で照らす)にしておき、就寝時間が近づくにつれて暗くしていくなどの工夫ができると良いですね。

書斎などとして利用時の利便性も配慮する

だた、寝室を寝室としてのみ利用する場合は良いですが、寝室兼書斎として利用するご家庭も多いでしょう。こうした場合、書斎のように何らかの作業をする場合、電球色の灯りでは十分な明るさを得られなかったり、集中できない場合があります。(色温度が低い光はリラックスさせるかわりに集中力を下げる働きがあります)
そのため、デスクなどには昼光色(D)、昼白色(N)などの色温度の高い色をつかったデスクスタンドライトなどを使うようにして対応しましょう。

子ども部屋

子供部屋における照明プラン

子供部屋の照明は原則としてリビングルームと同様に多目的ルームとしての性質をもたせる必要があります。勉強や読書などに集中できる照明、就寝前やお昼寝などくつろげる照明、遊ぶための照明など多彩なニーズに応える必要があります。
子供部屋における照明プランでは承継計画を立てる上でのポイント解説をしていきます。

ポイント1:主照明は全体を照らせるシーリングランプ

子供部屋は子供たちが遊ぶ部屋として使われます。そのため、部屋の明るさが不十分であるような場合には、思わぬ怪我などの原因ともなります。そのため、主照明として部屋全体を照らすことができるシーリングライトを活用するようにしましょう。

ポイント2:勉強机にはインバータータイプのスタンドライト

子供用の勉強机を設置する場合には、机にはインバータータイプのスタンドライトを起きましょう。そして、読書・勉強の際はしっかりとスタンドライトをつけた状態で勉強・読書させるようにしましょう。主照明だけですとどうしても明るさが不足します。
最近のスタンドライトは多くがインバータータイプですが、コチラの方がちらつきが少なく目への負担が小さくて済みます。

スポンサードリンク

キッチン

台所(キッチン)における照明プラン

台所にはまずは必要十分な量の明るさを確保しましょう。明るさを確保する方法としては蛍光灯なら昼光色(D)、昼白色(N)といった色温度の高いランプがおすすめです。色温度が高いランプは緊張効果も与えますので、火や刃物を使うキッチンには最適です。

ただし、昼光色や昼白色の蛍光灯は総じて演色性がそこまで高くないことから、料理の色づけなどのサポート用に、換気扇からコンロ部分を照らすように白熱電球やハロゲンランプなどの演色性の高いランプを用意しておくと料理の色味を正確に知ることができます。

洗面所

洗面所における照明プラン

洗面所の基本的なプランは部屋全体を明るくした上で、補助照明を利用するというプランです。まず、回答から先に説明すると「蛍光灯」+「白熱電球」の組み合わせが洗面所ではオススメの照明プランとなります。

なぜ、蛍光灯と白熱電球を組み合わせるかというと、鏡に映ったあなたの顔の色が関係します。白熱電球だけだとやや薄暗い印象がして、蛍光灯だけだと顔が白く見えてしまうという違いがあります。
一般には天井から白熱電球で照らし、鏡側から蛍光灯で照らすという仕様が多く見られますね。基本的にはこうした構成でよいかと思います。なお、洗面所の照明で湿度が気になる場合は防湿加工された照明器具を用いるようにしましょう。

 

トイレ

トイレにおける照明プラン

トイレを良く考えてみると利用時間は1回の利用に付き長くても数分くらいです。また、そのため電源のスイッチを入れたり消したりする頻度も高いという特徴があります。
「電球型蛍光灯と白熱電球」「蛍光灯と寿命」の項目でも説明していましたが、蛍光灯はスイッチのオンとオフを繰り返すことが寿命に対して大きな影響を与えることが分かっています。(1回のスイッチオン・オフにより平均して1時間程度ランプ寿命が縮まります)
また、蛍光灯の場合は電源を入れてからすぐに最大の明るさになるのではなく、徐々に時間をかけて最大の明るさとなるのです。そのため、用を済ませて灯りを消す頃に最大の明るさになる・・・、なんてこともあるのです。

最近はこうした蛍光灯の問題点も解決されつつありますが、トイレのような特殊な環境では白熱電球の方が光源としては適していると思います。

廊下・階段

廊下・階段における照明プラン

廊下や階段の照明プランには大きく「部屋の奥行きを感じさせる間接照明」と「夜間の利便性のためのフットライト」などがテクニックとして挙げられます。

部屋の奥行きを感じさせる間接照明

廊下や階段において奥行きを感じさせる照明は「間接照明のテクニック」でも説明していますが、ぜひ活用しましょう。部屋の奥の方に絵画やオブジェなどのインテリアアイテムを飾りそれをスポットライト等で照らすようにすると部屋に奥行きを感じることができるようになります。

 

フットライト

夜間の廊下や階段の移動には十分が明かりがあることが安全性の面からも大切です。スイッチ式のフットライトでも良いのですが、予算が許せば人感センサー付きのフットライトを選びましょう。センサーが人を感知すると点灯するもので便利です。
階段の場合は階段の一番下、真ん中、一番上にフットライトをつけると便利です。特に最初と最後は「ここから階段スタート」「階段ここまで」を知らせる目印にもなりあると便利です。

 

オフィス

オフィスにおける照明プラン

オフィスの照明プランを考える場合は主照明となる直管蛍光灯の色や種類の他、デスクにおけるスタンドライトでしょうか?ここでは、仕事に集中できる環境を照明を通じて提案していきます。

蛍光灯の色は色温度の高いものを選択しよう

蛍光灯の色はできるだけ色温度の高いもの(青白い光)を選びましょう。色でいうと「昼光色(D)」「昼白色(N)」です。従来は昼光色と呼ばれる最も色温度が高い蛍光灯がオフィス用照明として選ばれる傾向がありましたが、近年ではそれよりはやや色が自然に近い昼白色の蛍光灯も選ばれるようになっています。
なぜ、色温度の高いランプが選ばれるのかというと、色温度の高いランプは人を覚醒させる働きが強いことから仕事への集中力を高める効果があるためとされています。

できればインバータータイプを選択する

蛍光灯は予算の問題などもあるかと思いますが、インバータータイプ(Hf型:高周波点灯方式)の蛍光器具および蛍光灯を選びましょう。直管蛍光灯で言えば「FHF型」のランプとなります。
このタイプのランプは十分な明るさや省エネ効果以外に、蛍光灯特有のちらつきを抑えることができるというメリットがあります。
ちらつきは目に負担を掛けますので、インバータータイプの蛍光灯を利用することで目への負担を軽減させ、仕事をより集中させるサポートができます。

まとめ

 

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。