エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

静電気防止のためにできること

冬になると頻繁に起こるのが「静電気」です。車のドアや玄関のドアノブといった、物や人に触れることでバチッ!という刺激は、不意に起こるからびっくりしてしまいますね。そんな不快な静電気にびくびくせず、快適な冬を過ごすための基礎知識と対策方法をご紹介します。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

静電気ってどうして起こるの?

 

通常、すべての物質は、プラスとマイナスの電荷(電気量のこと)を帯びています。プラスとマイナスの電荷が同じ状態であれば静電気は起こりませんが、日常のさまざまな動きで物質間の摩擦が起こることによって、物質のマイナス電荷がより多くなったり、逆にプラス電荷がより多くなったりします。

これを「帯電」と言い、帯電した状態で金属など電気を通しやすい物質に触れると、偏った電荷が一気に移動して電流が流れ、バチッとなるわけです。これが静電気のメカニズムです。

摩擦は冬に限らず一年中起きるものですが、では、静電気はどうして冬に多く発生するのでしょうか? それには水分(湿度)が大きく関係しています。空気中や物質の表面・内部に水分が多く含まれていると、静電気は蓄積することなく、水分を通して自然に放電されます。

ところが冬は空気が乾燥して湿度が低いうえ、寒くて汗もかきませんから、体の表面も潤いが不足して乾燥した状態になっています。そのため、静電気が放電されずたまりやすくなるのです。冬に静電気を多く感じやすいのはこのためなんです。

 

静電気を逃がす方法

静電気防止スプレー

衣類の衣擦れによる摩擦は、静電気の原因となります。セーターやマフラーと摩擦することによって、髪の毛が静電気で顔にはり付くのも嫌なものですよね。衣類に静電気防止スプレーを施すと、水分とくっつきやすい性質を持った界面活性剤の働きで静電気を防いでくれます。

静電気除去グッズ

静電気を逃がしやすい素材で作られたアクセサリー(ブレスレットやネックレス)を身につけると、バチッとした刺激を減らす効果があります。身近なものに取り付け、触ることで静電気を除去してくれるキーホルダータイプのものもあります。

また、ガソリンスタンドなどで見かけたことがある人もいると思いますが、静電気除去シートも効果があります。静電気が発生しそうな場所の近くに貼ったり置いたりして、シートに触れてから金属などに触れるようにします。

 

静電気を発生させない! 静電気防止のためにできること

手指・髪の毛の保湿・水分補給

ハンドクリームなどで、手指を乾燥から守りましょう。

洗い流さないタイプのヘアトリートメントやヘアオイルなどで、髪の毛を保湿しましょう。また、体内が水分不足にならないよう、こまめに水分を補給しましょう。

 

室内では加湿器を使う

 

湿度が20%を下回ると、静電気が起こりやすくなると言われています。加湿器を活用して、室内の湿度を上手にコントロールしましょう。ウイルス対策にもなりますよ。

 

帯電しにくい素材の洋服を選ぶ

冬は重ね着の季節でもあり、衣類同士の摩擦によって静電気が起こりやすくなります。特に帯電しやすい素材は、ウールや化学繊維です。逆に素材が水分を含みやすく帯電しにくい素材はシルク・コットン・リネンなどの天然素材です。

帯電しやすい服を着る場合は、静電気防止スプレーを利用しましょう。

 

スポンサードリンク

まとめ

 

乾燥を避け水分を保つことと、急激な刺激を受けないよう、静電気除去素材に触れて適切に電気を逃がすことで、不快なバチッ!を避けることができます。自分に合った方法で、上手に静電気から身を守りましょう。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。