エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

電球・ランプ選びのポイント

電球・ランプ選びのポイント
電球やランプを選ぶ際には、それぞれのどんな点を見て、どんな風に選べばよいのでしょうか?ここでは、お部屋などで使用する電球、蛍光灯、ランプなどにおいてそれぞれが持つ性質(特徴)ごとに分類してそれぞれの違いを解説していきます。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

消費電力と明るさ

基本的には、電球の消費電力が大きいほど、明るさはアップします。例えば、白熱電球の場合、40Wのものよりも60Wのものの方が明るいです。
ただし、蛍光灯の場合は、白熱電球よりも効率性が高いため、40Wの白熱電球相当のものが、10Wまたは9W程度の消費電力となっています。

消費電力と電気代

消費電力とは、通常kWh(キロワットアワー)で表示されます。これは1kW(1000W)の電力を1時間消費した場合のエネルギー量のことを示しています。詳しくは「kWhとは」のサイトなどで詳しく説明されています。
例えば60Wのランプを10時間利用した場合の消費電力量は60×10=600Wh(0.6kWh)となります。通常電気代は1kWhあたり24円程度ですのでこの場合の電気代は14.4円くらいになります。つまり、ランプを1個付けっ放しで会社に行ってしますとこのくらい電気代を無駄に払う必要があるのです。消費電力については「消費電力とは」のページが詳しい。

 

○○W型とは?

よくランプに○○W型とかかれたものがあります。例えば、「EFA15ELX/12・SP」という商品の場合、15W型の電球型蛍光灯とかかれます。型番を見てみるとその後に/12とありますが、これは実際の消費電力は12Wですよ。ということを意味しています。

電球やランプでも技術が常に向上して消費電力がより少なくて従来の明るさを保てるようになって来ましたが、○○W型というのものが無ければ全体的な明るさの基準が分かりません。そこで、○○W型という表記がされるのです。

白熱電球・蛍光灯・LEDの消費電力と明るさの比較
以下は、白熱電球・蛍光灯・LED(電球型)のそれぞれの消費電力を比較していきます。()で示されているW数は、省エネタイプの商品の消費電力。
つまり、それぞれの横のラインで見た場合、それぞれの「商品」の明るさがほぼ同等ということになります。
例えば、40W相当の白熱電球をLEDに変えた場合、電気代はおよそ8.7分の1となります。

演色性

演色性とは何か?
演色性とは、ものの見え方の性質を現します。演色性を示すものとして演色評価数(Ra)という数値があります。これは最大を100として物の色の見え方を数値化したものです。この数値が高いものほど、その物本来の色味を表現することができるということになり、低いものほど表現力が低くなります。

演色性(演色評価数)を示すいい例としてトンネルの中のランプを思い出してみてください。トンネルの中で使われているランプは演色性が悪い場合が多く、その中で見えるものの色は黄色っぽくないでしょうか?これはそのランプに含まれている波長が黄色のもので他の青、赤などの波長がほとんど出ていないために起こる現象です。

実際にランプを選ぶ場合、演色性(演色評価数)は製品により異なってきます。

 

定格寿命

定格寿命(ていかくじゅみょう)とは、いわゆるランプの寿命のことです。ランプの寿命は使い方yや利用環境などによってある程度変わってくるので、定格寿命は標準的な利用法においてのメーカーが公表する寿命です。
蛍光灯は白熱電球の6倍、LEDなら40倍もの長寿命ということになります。LEDの4万時間というのは1日に10時間点灯させたとしても4000日(約11年)ももつ計算になります。(白熱電球は年に3回交換が必要、電球型蛍光灯なら1.5年に1回の交換)

特に、手の届きにくいような場所については、長寿命タイプを選択することで結果として交換コストがかからないというメリットもあるわけです。

最近では、店舗さんなどでは、取替えするとコストがかかる、屋外用のレフランプなどをLED化するような傾向もあるようです。一般住宅の場合でも、高いところで使っているランプなどは取替えが大変ですから、蛍光灯やLEDなどを長寿命タイプをご利用になると取替えの頻度が少なくなって良いと思います。

 

明るさ

明るさは要するにランプとしての照明の力を指します。一般的には照度(ルクス)のことを指します。明るければよいというものではなく、部屋の広さや用途に合わせて明るさは選択されるべきとされます。

スポンサードリンク

まとめ

 

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。