エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

ちょっとした工夫で、さらに省エネ・節電できるコツ

ちょっとした工夫で、さらに省エネ・節電できるコツ

地球温暖化が進み続ける中、家庭でのエネルギー消費も注目されています。今回は、クリーンエネルギーを使って環境に優しく、ちょっとした工夫でできる節電方法をご紹介します。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

日本の電力消費量は増え続けている!?

総人口が減り続け、省エネの技術革新、家庭や企業での省エネ活動がすすむ中にもかかわらず、年々日本の電力消費量は増え続けています。

特に家庭の電力消費量はこの40年で約2倍にも増えています。

家で使うエネルギーを見ると、用途別には、動力・照明他、給湯、暖房、厨房、冷房の順で使用量が多いようです。

この点に着目して、省エネしていきたいですね。

 

家庭での簡単省エネ方法

「省エネが大事なのはわかるけど、なかなか上手にできない」と多くの方が感じています。
暮らしの中でできるちょっとした工夫であなたらしくもっと省エネをしてみませんか。

キッチンの省エネ

鍋を火にかけるときは蓋をする

鍋にふたをするだけで、熱が逃げることを防げ、ガス使用量を約15%減らすことができます。

お湯は使いたいときに必要な量だけコンロで沸かす

電気ポットでお湯を沸かして保温するよりも、使うエネルギーが少なくてすみます。

冷蔵庫にものを詰め込みすぎない

庫内に、冷えた空気の通り道をつくると、設定温度を保つために必要な電力を減らすことができます。

「バスルーム」での省エネ方法

ひとり1分シャワーを短縮する

出しっぱなしになりがちなシャワーを、1日1回、1分時間を短くするだけで省エネに。ガス代も年間約1,400円も違いますよ。

お風呂の蓋をこまめに閉める

蓋をするとお湯が冷めにくくなるので、お湯を沸かすときのエネルギーを減らせます。

時間を空けずに入浴する

お風呂の蓋をしても、お湯は2時間で約1.5℃下がります。沸かし直しをしなくて済むように、できるだけ間隔をあけずに入浴すると省エネにつながります。

 

「リビング」での省エネ方法

冷房の設定温度を28℃に、暖房の設定温度を2℃下げる

冷房の設定温度を27℃から28℃にするだけで、年間約630円の省エネに。暖房の設定温度は、2℃下げるだけで年間約2,000円の省エネに。

エアコンのフィルターを定期的に掃除する

定期的に掃除することで目詰まりが解消され、省エネになるだけでなく、エアコンの効きも違ってきますよ。年間約700円の省エネに。

1日1時間テレビを消す

テレビをなんとなくつけていることってありますよね。1日1時間でもテレビを消すと省エネになります。年間で約400円の差に。

 

 

スポンサードリンク

 

暖房の使い方を工夫

エアコンの暖房機能はたくさんの電気を必要とします。
経済産業省によると、エアコンの暖房時の設定温度を1度下げるだけで、約10%の消費電力を削減できるそうです。さらに、暖房は運転開始時に大きな電力を使うので、何度もつけたり消したりしないようにしましょう。

 

冷房の温度管理で節電!

同じく冷房も大きな電力を使います。
経済産業省によると、設定温度を2度高く設定する事で、約10%の消費電力の削減ができるそうです。

さらに扇風機などを併用し部屋の空気の循環をよくすることで、早く室内を涼しくする事ができます。

 

洗濯機の使用方法を工夫して節電!

細かい点になりますが、できるだけまとめて洗い物をするようにしましょう。
節電だけでなく、節水や時間の節約にもつながります。

 

 

できるだけ電気をつけない

一番簡単そうで、ついつい点けっぱなしにしてしまいがちですが、使わない部屋の電気はしっかり消すようにしましょう。
自分一人ではどうしても忘れてしまう! という方は、家族全員で一言掛け合うようにすると消し忘れは減ると思います。

ただし、電気はつける時に一番電力を必要で、何度もつけたり消したりするのはよくないとされていますので、ご注意ください。

 

 

まとめ

 

太陽光発電は場所を問わず太陽の光が当たる場所であれば発電できる

南側の土地や建物など周辺環境を調査することが大切

クリーンで無制限な太陽光発電システムを導入することによって企業のイメージアップになる

自然エネルギー由来の電気エネルギーを購入することにより、環境対策に取り組んでいる企業としてよりイメージアップにつながる

地球温暖化にストップをかけるためには、一人ひとりが問題意識を持ち、省エネを実行することが大切です。

一人では効果が少ないように思えますが、全世帯で省エネすれば、大きな成果が得られます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。