エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

私たちの暮らしとエネルギー

私たちの暮らしとエネルギー

現在の私たちの暮らしや社会は、エネルギーの消費によって成り立っています。

日常生活に欠かすことのできない電気、ガス、水道はもちろん、現代社会の基礎になっている運輸、通信などもすべてエネルギーを利用しています。

さらに、食料品、衣料品など、あらゆる製品はその生産や流通の過程においてエネルギーを利用しています。
こうしてみると私たちの豊かな生活は、直接エネルギー(電気・ガス・ガソリンなど)を使用する場面だけではなく、様々な形でエネルギーを消費することによって支えられているのです。

suponsarink
スポンサードリンク

省エネの具体的方法

すきま風対策のドラフトエクスクルーダー
運用改善
定期的な機器清掃→機器効率の再向上
エアコンや換気扇のフィルター、給排気口の清掃→通気性向上
照明器具の清掃→反射率、透過率向上
熱源設備・給水設備・排水設備・空調設備の負荷に応じた運転制御(補修・交換を含む)→電力・ガス等削減
スイッチ付テーブルタップを利用したコンセント個々のON/OFF管理→待機電力削減、不用機器停止
ランプ取り外しによる間引き、過剰な照明を消す→電力削減
カーテン・ブラインド調節などによる自然光の利用→照明電力削減
全般照明(天井灯など)から局部照明(電気スタンド等)への転換→照明の電力削減
窓の開放(網戸等との組み合わせが必要な場合あり)による自然換気→空調負荷低減による電力・ガス等削減
冷房・暖房時のカーテンによる断熱→空調負荷低減による電力・ガス等削減
冷房・暖房時の扇風機併用→空調負荷低減による電力・ガス等削減
涼しい服装(通気性の良いシャツや肌着の着用、ビジネス上でのクールビズ)、団扇・扇子の使用、すだれ・暖簾の設置、打ち水・散水、ミスト散布、壁面緑化、屋上緑化→冷房負荷低減による電力削減
暖かい服装(室内での靴下、ひざ掛け、カーディガンなどの上着、暖かい肌着の着用、ビジネス上でのウォームビズ)、こたつの使用→暖房負荷低減による電力・ガス等削減
こたつの温度設定を下げる、布団をさらに重ねる→電力削減
電気カーペットの下に断熱マットを敷く→電力削減
テレビ・パソコンのモニターの明るさを適切なレベルに下げる→電力削減
冷蔵庫に詰め込み過ぎない、暖かいものは冷ましてから入れる、保冷箱を活用して開閉回数・時間を減らす、設定温度を上げる、放熱のために設置スペースを広めにとる→電力削減
食材を小さめに切って加熱調理時間短縮→電力・ガス等削減
洗濯機はまとめ洗いをして回数を減らす→電力削減
浴槽にフタをする、シャワーを流しっぱなしにしない→給湯器負荷低減によるガス等削減
家族が集まる場所・執務場所をまとめる→電力削減、空調負荷低減による電力・ガス等削減
買い物などを計画的に行うことによる車の走行距離削減→ガソリン使用量削減
公共交通機関、自転車や徒歩での移動→ガソリン使用量削減
エコドライブ(加減速を控える、アイドリングを控える、タイヤ空気圧を適正に保つ、不要な荷物を乗せないなど)→ガソリン使用量削減
(産業・業務)物流の高効率化(ミルクランなど)→ガソリン使用量削減
(政策)モーダルシフトやモビリティ・マネジメントを通じた高効率輸送への転換→ガソリン使用量削減
(啓発)電力・ガスなどの使用量の見える化、自発的省エネによる効果の掲示(「冷房設定温度を1℃上げると1か月○○円の削減効果」など)
補修
汎用部品の修理・交換→機器効率の再向上
配管の断熱保温(貯湯式給湯器、太陽熱温水器、大規模施設の冷熱源設備など)→放熱損失低減による電力・ガス削減
建物の断熱化(外断熱、内断熱)→空調負荷低減による電力・ガス等削減
内窓の取り付け、カーテン・ブラインドの障子への取り換え→窓部の断熱性能向上による空調電力・ガス等削減
エアコン室外機の風通しを良くする→冷房負荷低減による電力削減
発泡材による浴槽保温→給湯器負荷低減によるガス等削減
複層ガラス、熱線反射ガラスによる遮熱・断熱→空調負荷低減による電力・ガス等削減
タイムスイッチ、人感センサ、照度センサなどによる照明制御→照明の電力削減
保温・保冷の補助にヒートシールドを用いる
(既存施設利用・大規模施設での新規)地域熱供給への転換
機器の交換
普通自動車から燃費性能に優れた小型自動車・軽自動車へのダウンサイジング→燃費改善
白熱電球から電球型蛍光灯・LED照明への交換→照明の電力削減
多用途場所における、調光可能な照明器具への交換→照明の電力削減
小型電気機器への交換→電力削減
ヒートポンプ給湯暖房機器への交換。冷房では気温が低い時間帯に、暖房では気温が高い時間帯に運転させる。→電力・ガス等削減
コジェネレーション給湯暖房機器への交換。給湯能力が高く床暖房など熱を多く用いる用途に適している。→電力・ガス等削減
潜熱利用給湯暖房機器への交換。→電力・ガス等削減
省エネ効果が高いエアコンや冷蔵庫への買い替え→電力削減




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。