エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

太陽光発電システムを導入で電力を売る

太陽光発電システムを導入で電力を売る

太陽光発電システムを導入することで余った電力を売ることができるというメリットがあります。

そのしくみを解説しています。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

売電とは

太陽光発電システムの最も大きなメリットと言えるのが、発電した電力を電力会社に売ることができる(売電)というものです。

太陽が出ている昼間に発電した電気エネルギーを住宅・施設内ですべて使い切らない場合に、余った電気エネルギー(余剰電力)を電力会社に買い取ってもらうことができます。

 

 

売電のしくみ

電力会社に必要な手続きを済ませて、売電メーターなどの必要な機器を揃えると電力会社に売電できるようになります。

夜間は電力会社から電気を購入しますが、太陽光発電システムの導入後は夜間の電力料金が安くなる「時間帯別電灯契約」がおすすめです。

店舗併合住宅や賃貸アパート、商業ビルや公共施設などに10kW以上のの太陽光発電システムを導入する場合は、発電した電力エネルギーをすべて買い取ってもらえる「全量買取制度」を適用させることができます。

「余剰電力買取制度」も「全量買取制度」も経済産業大臣が定めた買取(売電)価格と買取(固定)期間において電力を売ることができます。

また、売電によって得られた収入は「雑所得扱い」として課税対象になるので注意が必要です。

売電収入を含む雑所得の合計が年間あたり20万円を超える場合は、確定申告が必要となります。

 

 

電気を高く売る

発電量を増やすことです。発電量を決める要素(環境編、機器編)に気をつけて計画することによって、発電量を高め売電量を増やします。

また売電価格が下がらないうちに太陽光発電システム導入を検討するのも大切なポイントです。

2014年(H26年度)の売電価格は34~36円の間になると予想され、今後は順次売電価格は下がっていくと予想されます。

早く導入することによって高い売電価格で固定期間中は売電できるメリットがありますが、太陽光発電システムの価格も毎年下がっていることから初期費用が高くなるというデメリットもあります。

設置にかかる費用と売電価格とを比較検討しながら導入のタイミングを選びましょう。

 

スポンサードリンク

まとめ

 

太陽光発電システムで発電した電気エネルギーを電力会社に売ることができるのですね。

買取価格と買取期間は経済産業大臣によって毎年決定されるので導入のタイミングを図ることが大事ですね。

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。