エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

蛍光灯の種類と点灯方式

蛍光灯の種類と点灯方式

蛍光灯とは、放電により発生する紫外線を蛍光体と呼ばれる物質にぶつけることにより光を発生させるランプです。

このしくみによる蛍光管を使ったランプの一つで、現在はランプの中でも主流な光源となっています。

蛍光灯の種類と点灯方式について解説していきます。

suponsarink
スポンサードリンク

 

蛍光灯の種類

直管蛍光灯

直管蛍光灯(ちょっかんけいこうとう)とは、一般的なオフィスなどで用いられている管の長いタイプの蛍光灯を指し、おなじみの蛍光灯の一つです。

FL、FLR、FHFの三種類があります。W数に応じて長さが異なります。

 

コンパクト形蛍光灯

コンパクト形蛍光灯はフロアランプやスタンドライトなどにも広く利用されている蛍光灯です。

直管蛍光灯と異なり、ランプの口金は1箇所しかありません。

形が似ていることから電球型蛍光灯と混同される方もいますが、電球型蛍光灯は従来の白熱電球の口金に合うように作られており、コンパクト形蛍光灯は、独自の口金を採用しています。

 

電球型蛍光灯

電球型蛍光灯は、従来の白熱電球の代替として利用できるように開発されている蛍光灯です。

形としては白熱電球と似た形になっています。

ガラス球があるものもありますが、蛍光灯はガラス球がなくても、蛍光灯の管があればいいので、ガラス球が無いタイプのものもあります。

従来までは、点灯するまでに時間がかかる、明るくなるまで時間がかかるなどの問題点も多々指摘されていましたが、近年ではそういった問題点の多くが改善されつつあります。

 

環形蛍光灯

環形蛍光灯(かんけいけいこうとう)とは、一般の住宅等でのシーリングランプなどに用いられている蛍光灯で、円形状の形状が特徴のランプです。
多くの場合は、フロアランプとして用いられることが多い蛍光灯です。口金(ソケット)は1箇所となっています。

 

蛍光灯の点灯方式

電極から電極へ電子を放出させ、ガラス管の中を高電圧状態とする仕組みには大きく「スターター方式」「ラピッドスタート方式」「高周波点灯方式」と呼ばれる3つの方式があります。

なお、現在使用している蛍光灯を別の点灯方式のランプに交換する場合は、蛍光灯だけでなく、器具も交換する必要がありますので注意が必要です。

スターター方式

スターター方式は蛍光灯の中でも最も古い方式の点灯法です。
フィラメントを予め予熱して放電を行います。スターター(点灯管)と呼ばれる別の器具が点灯には必要です。
なお、電子点灯管を利用すると、電子回路によりスタータの働きが改善されることから点灯までのスピードがやや改善されます。

ラピッドスタート方式

ラピッドスタート方式の蛍光灯はスイッチを入れてから点灯するまでの時間を短くするように改善されています。
安定器(照明器具)が点灯管(グロー球)の働きをしていますので、点灯管は不要です。

スポンサードリンク

 

高周波点灯方式(Hf型)

高周波点灯方式(Hf型)の蛍光灯は、最新の点灯方式を採用している蛍光灯です。
電子安定器(インバーター)により交流である電源をいったん直流に変換し、高周波に変換することで蛍光灯を点灯させます。チラツキが少なく、ランプ効率のアップ(省電力・高い照度)、50Hz地区、60Hz地区の区別無く使用できるなどの特徴があります。

まとめ

 

 

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。