エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

色温度(いろおんど)とは、

色温度(いろおんど)とは、ケルビン(K)で表現される光の色を数値化した単位の事を指します。

色温度(ケルビン)が高いほど青っぽい色となり、逆に色温度が低いほどオレンジっぽい色となります。

この色温度の違いにより電球やランプの出す色が違って見えることになります。

なお、一般に色温度が高いほど、クールな雰囲気を表現することができ、色温度が低いほど暖かく落ち着いた雰囲気を出すことができるとされています。ちなみに5000K程度の色温度を人は自然な色と認識するようです。

 

色温度の例

正午くらいの太陽の光:6000K
夕暮れ(日の入り):2500K
ろうそくの光:1800K

 

各種電球の色温度の例

一般白熱電球:2500K
電球色蛍光灯:2800-3000K
温白色蛍光灯:3500K
白色蛍光灯:4000K
昼白色蛍光灯:5000K
昼光色蛍光灯:6500-6700K

 

いろおんど

温度といっても色に温度があるわけではないので,温度計を近づけてそこの温度を測るというようなものではありません。

色温度とは,完全放射体,すなわち黒体というものを考えて,その温度を変えるとそこから出てくる光の分光エネルギー分布が変化して色が変わってくるということに着目し,色をそれと同じ色を出す黒体の温度で表そうとするものです。

スポンサードリンク

真っ暗な室内で電熱器のスイッチを入れると、温度があがるにつれてニクロム線の色が変わっていく。

このように物体はその温度に応じた放射(熱放射)を出すが、どの波長の放射をどれだけ出すかは温度で違い、可視光部分のその差が色の違いとして感じられます。
同じ温度でも表面の性質で放射の仕方は異なるので、標準物体として黒体を考え、一般の物体が出す光(反射光を除く)の色が温度Tの黒体放射の色と同じに見えるとき、物体の色温度はTであるといいます。

またピンクなど、色温度によっては表せない色もあるので、利用は光源などに限られる。

なお、色温度は俗にいう暖かい色(赤、黄、橙(だいだい))、冷たい色(紫、青)とは関係ありません。

 

まとめ

 

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。