エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

太陽光発電システムは中古で買い取ってもらえる

太陽光発電システムは中古で買い取ってもらえるというメリットがあります。

 

今回はその仕組みやメリットを高める工夫を解説していきます。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

中古で買い取ってもらえるというメリット

あまり知られていませんが、太陽光発電システムの太陽電池モジュールは中古で買い取ってもらえます。例えば転勤などで持ち家を売ってマンションへ引越さなくてはいけないような場合でも、不要になった太陽電池モジュールを買取業者に中古で売ることができます。

買取業者にもよりますが、基本的に国内メーカーであればどの太陽電池モジュールでも買取可能です。買い取り枚数も1枚から産業用に設置した大量のソーラーパネルまで対応しています。

また買取価格は年式や変換効率などによって異なり、買取業者が劣化具合などを査定して見積りを出してくれます。太陽電池モジュールは耐用年数が長いというメリットがあるので、10年以上使用した太陽電池モジュールでも買取の対象内に含めている業者も多いです。

 

 

高く買い取ってもらうコツ

太陽電池モジュールの買取価格は、製品の品質を調査して決められるので品質を保持することが高く買い取ってもらうコツです。高い品質を保持すれば発電量も落ちないので売電量も増やせるメリットもあります。

太陽電池モジュールの品質が劣化する原因は主に3つあります。

セル同士を接合させる(ハンダ付け)部分の不具合による断線不良
セル割れによる電流経路の部分断線
バックシートや封止材、フレームなどの劣化

ハンダ付け部分の断線不良は長期間の使用によって自然に起こるものですが、工場での製造過程で起こる人為的な原因ともされています。また落ち葉などが堆積して起こる「ホットスポット現象」も太陽電池モジュールを痛める原因となるので、定期的に目視でチェックするようにしましょう。

 

 

 

太陽電池モジュールの品質を落とす原因

外部からの強い衝撃によってセルが割れてしまう「セル割れ」も太陽電池モジュールの品質を落とす原因です。例えば2階建ての住宅の屋根に設置していた太陽電池モジュールに、隣のマンションのベランダから鉢植えが落ちて表面の強化ガラスとともに太陽電池(セル)が割れてしまったというケースもあります。

また、太陽電池ジュールを構成している封止材(太陽電池セル、電極・配線などのモジュール内部を被覆する)やバックシート(太陽電池セルを湿気や紫外線から守る)、アルミフレームの劣化も太陽電池モジュールの品質を落とす原因となります。

大きく発電量が落ちた場合などは設置業者にメンテナンスを依頼するのがおすすめです。また定期的なメンテナンスを施して、太陽電池モジュールが故障しにくい環境を整えることも大切です。

 

スポンサードリンク

まとめ

 

太陽電池モジュールは中古で買い取ってもらえるのですね。

年式、変換効率、品質の劣化具合によって買取価格が決定されるので品質の劣化を防ぐためには定期的なメンテナンスが大切になります。

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。