エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

福島第一原子力発電所の事故の原因、今後の対策とは

原子力発電は、電気を作る方法の

ひとつで、ウランという資源を利

用しています。

少ない量のウランで大量のエネルギー

を生み出すことから、資源の少な

い日本では欠かせない発電方法と

考えられてきました。

原子力発電所で事故が発生し、放射性

物質が外部に漏れだしたら、周辺の住

民の健康や生活、環境に大きな影響を

与える恐れがあります。

日本の原子力施設では今までに様々な

事故が起きています。

福島第一原子力発電所の事故

についてみていきましょう。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

地震と津波

 

12011年3月11日東北地方の太平洋沖を

震源とする巨大地震が起こりました。

マグニチュードは9.0で日本で最大の

地震でした。

地震が発生したとき、福島第一原子力

発電所は震度6強の揺れを観測しました。

6基のうち3基が運転中でした。

地震が起きたとき原子炉の燃料に制御棒

が差し込まれ、自動停止しました。

原子炉は停止した後も炉心は熱を発し続

けるので、水を循環させて冷やさなけれ

ばなりません。

地震の影響で外部からの電源がストップ

したため、緊急用のディーゼル発電機で

原子炉を冷却していましたが、

地震の影響の津波でディーゼル発電機も

ストップしてしまい、電源が失われました。

これでは炉心が冷やせなくなり、原子炉に

残っていた水が蒸発し燃料が溶け出して

炉心溶融(メルトダウン)が起きたのです。

 

スポンサードリンク

 

事故を繰り返さないために

 

事故を起こした1号機から4号機まで、

廃炉になりました。

しかし溶けた燃料がどのような状態なのか

わかっていません。

高濃度汚染水がタービンや建物にたまって

床のひび割れから汚染水が地下水や海水中に

もれる危険性もあります。

汚染が最もひどい地域には今後も長期間に

わたって住めないと考えられています。

事故前までそこに暮らしていた人たちにと

っては自宅があってもそこにもどることが

できない。

通いなれた学校にも行けない

働く場所を失った人も大勢います。

 

 

この事故の結果

この事故の結果、今まで国が行ってきた原子

力発電に対する安全の審査や規制の方法も

問題があるとわかりました。

また、根拠もなく安全であると宣伝し

そのように教育を受けてくることによって

原子力発電が推進されてきたことがはっきり

してきました。

この事故は人間の考えの甘さが引き起こした

問題と言えます。

食品への影響

 

放射性物質により、東北地方や関東地方を

中心に農産物や畜産物、水産物が汚染され

ました。

政府は汚染された食物が人体に与える

影響を考慮して、一部の地域で特定の農産

物などについて出荷を停止させました。

食品の汚染は消費者の不安を招き、東北地

方でとれたというだけで、汚染されていな

い農産物まで入荷を拒否されるなどの風評

被害が生じました。

まとめ

 

どんなに対策を講じても、それを上回る

災害に見舞われることもあります。

絶対の安全を確保するということは

とても難しいと言えますね。

人類の歴史の中ではまだまだ使い始めた

ばかりの原子力。

爆弾や大量破壊兵器としての使い方が

大きく取り上げられているが

もっと別の使い方もあるはずです。

核のリサイクル、中間貯蔵施設など

今後の日本の方向性を理解して

情報を自分なりに判断して答えを出す

ことが重要です。

 

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。