エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

電力自由化で太陽光発電連系トラブルが発生

電力自由化で太陽光発電連系トラブルが発生

東京電力管内の太陽光発電連系のやり方が変更
平成28年3月末まで東京電力管内において、太陽光発電を設置した場合、

売電メーターの設置(今はスマートメーターへの取替)
東京電力担当者の立会いのもとの連系前チェック
上記2行程が太陽光発電システムを設置後に必要でした。
それがこの平成28年4月1日より変更になり少し混乱が起きています。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

連系日の東京電力担当者の立会いが不用に

設置工事後の2工程のうちの一つ、東京電力担当者の立会いチェックが4月より無くなりました。
今まで、スマートメーターへの取替と立会チェックは別の担当者が動いていました。
太陽光発電システムが設置され、スマートメーターも付いたのに、担当者立会いチェックがなされていない為に連系ができず一向に売電がスタートしないという事もしばしばありました。
ですので基本的には業界として歓迎ムードでした。

 

知らぬ間に連系がスタート

ところが蓋を開けてみると現場のオペレーションが定まっていない為混乱が起きてしまいました。
太陽光発電システムのスイッチを入れていないのに(パワコンのスイッチを入れていない)、いつの間にか連系がスタートした事になっているという事例が頻発しています。
固定買取期間は連系スタート日より10年間ですのでスイッチを入れてなかった期間分は損失です。

 

スポンサードリンク

 

電力自由化とは

電力自由化(でんりょくじゆうか)、または電力市場の自由化とは、従来自然独占とされてきた電気事業において市場参入規制を緩和し、市場競争を導入することです。

電気料金の引き下げや電気事業における資源配分の効率化を進めることを目的としています。

これまで、一般家庭など低圧で電気の供給を受ける場合、契約できる電力会社は地域ごとに決められていました。

しかし、2016年4月からはじまった電力自由化によって一般家庭でも、複数の電力会社から選べるようになります。

 

 

まとめ

 

2016年4月から一般のご家庭も「電力自由化」がはじまりました。
それによってわたしたちの暮らしはどう変わるのでしょうか?

再生可能エネルギーが、未来の生活図を変えていきます。

わたしたちの暮らしや経済は、石油や石炭、天然ガスなど化石燃料にその多くを頼っています。

世界のエネルギー需要は急速に増えており、現在94%を海外からの輸入に頼っている日本にとっては、今後とも厳しい状況が続きます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。