エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

ウラン加工工場の臨界事故

 

原子力発電は、電気を作る方法の

ひとつで、ウランという資源を利

用しています。

少ない量のウランで大量のエネルギー

を生み出すことから、資源の少な

い日本では欠かせない発電方法と

考えられてきました。

原子力発電所で事故が発生し、放射性

物質が外部に漏れだしたら、周辺の住

民の健康や生活、環境に大きな影響を

与える恐れがあります。

日本の原子力施設では今までに様々な

事故が起きています。

茨城県東海村のウラン加工工場の事故

についてみていきましょう。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

ウラン加工工場の臨界事故

 

1999年9月30日、茨城県の東海村の

JCOウラン加工工場で事故が発生しました。

JCOは原子力発電所で使うウラン燃料を加

工する会社です。

このような工場では放射性物質のウラン

を安全に取り扱うために、作業の手順が

規則で決められていました。

しかし、この工場では作業を手早く済ま

せるため、普段から規則を守らずにいまし

た。

この日の事故は高速増殖炉で使う硝酸ウ

ラニルという化合物を作る段階でおきま

した。

この工程は、まず、ウランに硝酸を加え

て溶かすのですが、そのとき許可された

手順なら溶解塔という装置で行わなけれの

ばならないところ、ステンレス製バケツで

行っていました。

しかもその溶液を、別の目的で使う形の

異なる沈殿槽に、規則で定められた量の

7倍も注ぎました。

その結果、ウランは臨界に達し、青い光

とともに、大量の放射線が放出されまし

た。

臨界とは

臨界とは、核分裂が連続的に起きる状態を

いいます。

原子力発電では、原子炉の中の燃料を臨界

にすることで、連続的に発生する熱エネル

ギーを利用し、発電しています。

原子炉以外の場所ではおきてはならない

のが臨界です。

その臨界状態がJCOの工場で起きてしまい

20時間も続きました。

スポンサードリンク

犠牲者

作業員、臨界を止めるための作業に当たっ

た人、消防員などが被ばくしました。

大量の放射線に被爆した3名の作業員の

うち、2人は数か月後に亡くなりました。

また、工場の近くの住民の中にも、少量の

放射線に被爆した人もいます。

日本の原子力施設の事故で死者が出たり、

住民の避難が求められたのもこの事故が

最初です。

 

避難

工場の近くの住民に建物の中に避難

して、外に出ないよう、

工場から半径350m以内の住民に

避難が求められ、茨城県も10㎞以内の

住民に建物の中に避難して外に出ない

よう勧告がされました。

道路や鉄道も止められ住民は不便な

生活だったでしょう。

 

 

まとめ

 

どんなに対策を講じても、それを上回る

災害に見舞われることもあります。

絶対の安全を確保するということは

とても難しいと言えますね。

人類の歴史の中ではまだまだ使い始めた

ばかりの原子力。

爆弾や大量破壊兵器としての使い方が

大きく取り上げられているが

もっと別の使い方もあるはずです。

核のリサイクル、中間貯蔵施設など

今後の日本の方向性を理解して

情報を自分なりに判断して答えを出す

ことが重要です。

 

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。