エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

シャープにおける太陽光発電の取り組み

シャープにおける太陽光発電の取り組み

シャープは液晶とその応用技術を使った製品で世界屈指の技術力を誇る企業です。

その液晶と並ぶ中核的事業として展開しているのが太陽電池および太陽光発電システムです。

太陽光発電の主な日本企業の取り組みを見ていきましょう。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

太陽電池開発

シャープが太陽電池煮の開発に着手したのが、1959年、太陽電池が発明された5年後です。

1963年に単結晶太陽電池の量産化に成功しました。

1966年には長崎県の尾上島の灯台に当時最大規模の225W太陽電池モジュールを設置しました。

1976年に宇宙用の太陽電池を開発し、人工衛星「うめ」に搭載、

同年、太陽電池つき電卓を発売しました。

1954年にアメリカのベル研究所で太陽電池が発明されました。

1958年には、アメリカの人工衛星ヴァンガード1号に太陽電池が搭載されました。
これがせい開発の太陽電池の実用化といわれているが、シャープは太陽電池の開発に着手したのが、その翌年、1959年のことで、シャープはすでに太陽光を、未来を担う重要なエネルギーとして捉え、その利用技術の開発に力を注ぎました。

 

シャープの新技術開発

新規技術開発も積極的に行いました。

1983年にはアモルファス太陽電池の開発に着手、2009年には化合物3接合型多様電池で、太陽電池セルの世界最高変換率である35.8%を達成したのです。

また、住宅用の太陽光発電システムの開発でも長い歴史を持ち、1979年には、天理の自社技術本部に太陽光と太陽熱を利用した日本発のハイブリッド型ソーラーハウスを建設しました。

太陽電池の商業化と量産型におけるシャープの貢献は、2010年4月、社会や産業に貢献した歴史的な偉業をたたえる、IEEE参るストーンに認定されました。

IEEEは米国に本部を持つ電気・電子技術に関する学会です。
米国電気電子学会、または米国電気電子技術者協会と表記されることが多く、電気通信関連の仕様を標準化する団体で、たとえば、LAN関連の規格は「IEEE802委員会」によって決められています。
Ethernetの「802.3」や、無線LANの「802.11」など、さまざまな規格を策定しています。

スポンサードリンク

太陽電池工場グリーンフロント堺

 

世界最先端の環境先進ファクトリー「グリーンフロント堺」と称する(この名前で大阪サステナブル建築賞大阪府知事賞を受賞)。液晶工場と太陽電池工場の他に、堺ディスプレイプロダクト本社とシャープ本社、その他の関連会社(正式稼働前の2008年時点で全19社)などがある。

堺工場では、亀山工場の特徴であった敷地内の屋上や壁面への太陽電池パネルの設置や、製造過程で生じた排水の100%の再利用、雨水の空調への利用などといった環境への配慮に加え、更にそれを徹底させるため、「グリーンフロント堺」として次のことを導入した。

統合エネルギー管理システムを導入し、エネルギー源の使用量の予測・最適な運転・危険の予知等を画面などで見えるようにし、その管理をしやすくする。

・マザーガラスなど、液晶パネルや太陽電池の製造に必要な部品の工場を隣接させる「21世紀型コンビナート」の導入。

・上記の隣接した工場間を連結し、輸送を円滑化するための棟間搬送システムの導入。

・工場全体のLED照明の採用。

 

まとめ

 

太陽光発電の主な日本企業の取り組みを見てきました。

 

再生可能エネルギーが、未来の生活図を変えていきます。

わたしたちの暮らしや経済は、石油や石炭、天然ガスなど化石燃料にその多くを頼っています。

世界のエネルギー需要は急速に増えており、現在94%を海外からの輸入に頼っている日本にとっては、今後とも厳しい状況が続きます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。