エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

電気の送電、変電、配電

電気の送電、変電、配電

1回線の送電線で送ることができる電気の量を送電容量といいます。単位はキロワット。容量が大きいほどたくさんの電気を送ることができます。

送電容量を上げるためには、電圧を上げる、電流を増やして送るなど、理論上は簡単にできますが、実際には高電圧、大電流の送電技術は絶縁の問題や安全性、電圧降下などいろいろな面をクリアしなくてはなりません。

 

suponsarink
スポンサードリンク

送電

送電損失を減らす

このため送り出した電気エネルギーのすべてがお客さまに届くわけではありません。送電線の抵抗などのために、電気の一部は熱となって途中で空中へ逃げてしまいます。これを「送電損失」あるいは「送電ロス」といっています。抵抗の少ないアルミ線の導入や、送電電圧を上げたり、コンピュータによる最短距離での送電方式を取り入れたりして、送電損失は大幅に減少しています。

送電線

送電線は、発電所と変電所、あるいは変電所どうしの間を結んで、大量の電気を高電圧でムダなく効率よく送る、重要な役割を果たしています。

現在、当社には主に6万6,000Vから50万Vまでの送電設備があります。このうち、27万5,000Vと50万Vの超高圧設備は、発電所からの長距離大容量送電に使用します。超高圧設備で送電された電気は、消費地に近づくにつれて15万4,000V、6万6,000Vと電圧を落としていき、配電用変電所で、電柱にかかっている電線で使用される電圧の6,600V(高圧)まで下げてから、お客さまのもとへお届けしています。

技術革新による100万V設計送電線

送電線の電圧は高いほどたくさんの電気をまとめて送ることができます。遠くの発電所から大量の電気を効率よく送るために、100万ボルト設計送電線も建設されています。

送電鉄塔は、送電電圧、送電容量、地形などに応じて、大きさや形は多様です。高さも45mから100mを超えるものまであります。現在、100万ボルト設計の鉄塔は、高さが100メートル以上もある巨大なものです。

 

 

変電について

高品質の電気を少ないロスで効率的に送るために、電圧をコントロールしているのが変電所です。変電所は、発電所を出発した電気の行き先を振り分けることもしています。

交流は、直流と違って、変圧器で電圧を自由に変えることができます。電圧が高いほど送電ロスが少なくなり、電線も細いもので済むため、発電所でつくられた電気は電圧を上げて消費地の近くまで送電し、変電所で電圧を下げるようにしています。

変電所の中には電圧を調整する巨大な変圧器と、電気の行き先を決めたりストップさせたりする巨大なスイッチである遮断器があります。電気の流れを集中し、分配することにより、落雷などで部分的に電気の流れが途絶えても停電することのないようになっています。

これらを行うのが変電所の役割で、いわば電気を効率的に送電する「要」といえます。

 

スポンサードリンク

 

配電について

発電所でつくられ、送電線によって消費地の近くの変電所まで送られた電気を、最終的にお客さまへ送り届ける電線を配電線といいます。

配電線には、電柱に電線を架線した「架空配電線」と、ケーブルを地中に埋設した「地中配電線」があります。配電線の大部分は架空線ですが、都心部では地中配電線も増えています。

電圧別には、特別高圧(2万2,000V)、高圧(6,600V)、低圧(200V、100V)の配電線があります。配電用変電所を出発した電気は普通、6千600ボルトの電圧で配電線を通って家庭やオフィスへ向かいます。そして、最後は100ボルト、200ボルトの電圧で届けられるのです。

また、配電設備は、高圧から低圧に電圧を下げる「変圧器」、高圧線や低圧線から分かれてお客さまに電気をお届けする「引込線」、電力の使用量を計る「電力量計」などにより構成されています

進む配電の地中化

電線類の地中化は、「無電柱化推進検討会議」により策定される地中化計画にのっとり進められています。

地中化は、国や地方自治体が進める快適な生活環境の構築と活力ある市街地の形成に寄与するものとして、歩道の幅が広い幹線道路に加え、安全で快適な通行空間の確保、良好な景観・住環境の形成、災害の防止、歴史的街並みの保全、観光振興、地域活性化などにつながるような箇所も対象となっています。

電気を送る送電線のうち、都市中心部や人口密集地、商業地区など過密化・高層化した地域に電気を送る場合、架空送電線の建設は難しい場合があり、ビルや住宅が密集する都市部では地中送電線が中心です。地中送電は、架空送電と違い、洞道(地下トンネル)やマンホール等の極めて狭い空間に送電線を収容するため、触れても良いように安全な絶縁処理が施されています。
高層ビルが立ち並ぶ都市中心部に電気を送るには、供給信頼性とロスの少ない送電、さらに都市景観との調和が求められます。そのため、50万Vや27万5,000Vなどの超高圧で電気を送る地中送電線が使われており,当社では架空送電線の地中化を進めております。

 

まとめ

 

再生可能エネルギーが、未来の生活図を変えていきます。

わたしたちの暮らしや経済は、石油や石炭、天然ガスなど化石燃料にその多くを頼っています。

世界のエネルギー需要は急速に増えており、現在94%を海外からの輸入に頼っている日本にとっては、今後とも厳しい状況が続きます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。