エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

PV2030+の今後の戦略的技術開発の展開

PV2030+の今後の戦略的技術開発の展開

太陽光発電ロードマップ(PV2030)は「太陽光発電を2030年までに主要なエネルギーの1つに発展させること」を目標に、2004年に策定され、これまで我が国の技術開発指針として広く利用されてきました。

今回は見直されたロードマップPV2030+についてみていきましょう。

suponsarink
スポンサードリンク

 

ロードマップ(PV2030)の見直し

ロードマップ(PV2030)の見直しは、その目標を「太陽光発電が2030年までに主要なエネルギーの1つに発展させること」をさらに発展させて「2050年までに太陽光発電はCO2削減の一翼を担う主要技術として、我が国ばかりでなくグローバルな社会に貢献する」を追加して、以下の方向で行いました。

① 太陽光発電の発展を2030年から2050年まで拡大して考える

② 温暖化問題に貢献できるような太陽光発電の量的拡大を想定する

③ 経済性改善では“Grid Parityの実現”の考え方を維持する。

④ 技術課題にとどまらず、システム関連課題、社会システム等、広い視野で検討する

⑤ 我が国の産業の、海外に対する太陽光発電システム供給を考える

⑥ 具体的な目標、取り組みの枠組みを示す。

 

 

2050年に向けた太陽光発電

ロードマップ(PV2030+)では、時間的なスパンを2030年から2050年まで拡大し、温暖化問題に貢献できるような量的拡大として2050年の国内の1次エネルギー需要の5~10%を太陽光発電で賄うことを目標にし、海外に対しては必要量の1/3程度の供給出来ることを想定した。

経済性改善では“Grid Parityの実現”の考え方を維持し、ロードマップ(PV2030)の発電コスト目標、2020年には業務用電力並(14円/kWh)、2030年には事業用電力並み(7円/kWh))そのものは変更せず、“2050年には7円を下回る発電コストの達成”を加えた。

また、これを実現する技術開発では2030年の目標達成の5年前倒しを目指ざすとともに、2050年までに変換効率40%以上の超高効率太陽電池を開発するとしています。

独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構 新エネルギー技術開発部

 

 

 

内容と目標

ロードマップ(PV2030+)では、経済性改善について“Grid Parityの実現”の考え方を維持し、発電コスト目標を、2020年には業務用電力並(14円/kWh)、2030年には事業用電力並み(7円/kWh)、さらに“2050年には7円を下回る発電コストの達成”を加えました。

太陽電池モジュールの製造に関する主な技術課題は、新材料の開発を含む高効率セル構造開発、原材料使用量の削減を含む低コストプロセスの開発、モジュールの耐久性向上等です。

結晶シリコン太陽電池では100μm以下の極薄基板製造のための安価なスライス技術とセル効率25%を実現するための極薄高性能太陽電池技術開発が重要になります。

。薄膜シリコン太陽電池では多接合(3接合)で18%以上の性能を目指した新規材料の開発と光マネジメント最適化などを加えたセル構造の開発および大面積高速製膜技術の開発が必要です。

また、CIS系太陽電池ではまず大面積モジュールでの研究室と同等レベルの高性能化の実現が重要で、これにより結晶シリコン太陽電池に匹敵する高性能薄膜系太陽電池の実現に取り組みます。

 

 

取り組み

取り組み(1): 太陽光発電システム普及拡大に向けたシステム利用技術、システム機器・モジュールなどの技術開発・実証あるいは用途開拓などを目指し、産業界が主体的に取り組むべき短期的視野での技術開発

取り組み(2): 第2段階のGrid Parity(14円/kWh)の早期実現と,さらにその先の第3段階のGrid Parity実現までを視野に入れた中長期視野での次世代高性能太陽光発電システム技術の開発(技術面での国際競争力確保)

取り組み(3):太陽光発電の汎用電源としての利用に向けた超高効率太陽電池に関する超長期視野でのシーズ探索研究(現在、革新的太陽光発電技術研究開発として実施中)

取り組み(4):太陽光発電システムの大量利用や技術発展のための技術的な基盤整備(基礎となる技術の開発)、規格・標準化及び海外市場・国際貢献などに関する戦略的取り組み

PV2030+では、太陽光発電普及のための課題と日本の産業の国際競争力確保のための課題を、短期的、中長期的、超長期的、なものにわけ、上記の目標を実現するための具体的な目標を、技術開発面、利用面に分けて示すとともに、それらを進めていくためには、太陽光発電システムの工業製品としての信頼性の確立やリサイクル・リユースのシステム作りといった、技術的・社会的な基盤整備も必要であるとしています。

 

スポンサードリンク

まとめ

 

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。