エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

地球温暖化の日本の緩和策

経済成長によって日本の二酸化炭素(CO2)排出量は増加しています。
CO2削減の目標を達成するための、エネルギー分野における緩和策を見ていきましょう。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

日本の二酸化炭素(CO2)排出量

エネルギー部門の排出量は2050年に現在の2~3倍に増加
人為的な温室効果ガスの排出量はここ10年で急増しています。その中でも排出量の増加が著しいのが、化石燃料や産業プロセスにおいて排出される二酸化炭素(CO2)です。

化石燃料を起源とするCO2は、主に経済成長と人口増によって増加してきました。

2010年の人為的な原因による温室効果ガスの直接排出量を部門別にみると、電力・熱・その他を含めたエネルギー供給によるものが約35%と最も多く、農林業・土地利用が24%、産業が21%と、それに続いています。

エネルギー供給部門からの直接排出量は、エネルギー使用改善をこれまでより早く大幅になされなければ、温室効果ガスの排出が急激に増加します。

 

電力の低炭素化

 

温室効果ガス濃度を430ppm~480ppmに抑え、世界の平均気温の上昇を産業革命前から2℃未満に抑えるための重要な取り組みが「電力の低炭素化」です。

低炭素化とは 地球温暖化の最大の原因といわれる二酸化炭素の排出をできるだけ抑えながら、経済発展を図り、人々が安心して暮らすことができる社会づくりを行うことです。
低炭素化は世界的な重要課題となっています。

目標達成のためには化石燃料を制約するだけでは不十分で、低炭素エネルギーを積極的に導入していく必要があります。
低炭素エネルギーとしては、再生可能エネルギー、原子力発電、CCSによる火力発電などが代表的です。

CCSは、発電所や工場などから排出されるCO2を含んだガスから、CO2を分離・回収して、地中に送り込み、地下深くの安定した地層の中に貯めることで、大気中に放出されるCO2を減らす技術です。

現在、世界では稼働中のものから計画・構想中のものまで加えると、38件(2017年1月現在)の大規模なCCSプロジェクトが進行中です。日本では2012年から北海道苫小牧市で「CCS実証プロジェクト」が開始されています。

最良のシナリオのためには、電力に占める低炭素エネルギーの割合は2050年までに現状の30%から80%以上に増加させることが必要で、CCSなしの火力発電は、2100年までにほぼ廃止と見込まれています。

また報告書にはエネルギー採掘、転換、輸送に関するエネルギーの効率化や電力の輸送、流通、貯留の効率改善、エネルギー供給システムに再生可能エネルギーを統合するニーズを高めることなども盛り込まれています。

 

再生可能エネルギー

 

再生可能エネルギーとは自然現象において資源が再生可能なエネルギーのことです。

具体的には、太陽光や太陽熱、水力や風力、バイオマス、地熱、波力などのエネルギーが挙げられる。

一定期間に供給されるエネルギーは限定されるが、半永久的に利用できるのが特徴である。

中でも特徴的なのがバイオマスである。

バイオマスは生物由来の資源のことであるが、一時的に太陽エネルギーを貯めたものとして考えられている。

たとえば野山の木々であれば、その一部を薪として燃やした場合、植物中の炭素や水素と空気中の酸素の結合により二酸化炭素、水と同時に熱エネルギーが放出されるが、木々はまた、一定の期間をかけて、光のエネルギーを利用して空気中の二酸化炭素から炭素を分離し、再び木々の中に取り込むことにより成長します。

CO2を出さない発電方法として注目を集めています。

多くの再生可能エネギー技術は、近年、大幅な性能向上・コスト低下を示しており、大規模普及が可能な水準まで技術レベルは向上しています。

また、固定価格買取制度や再生可能エネルギー技術に関する政策を実施することで、近年の導入量増加に成功しましたが、市場におけるシェアを大幅に拡大するには、多くの再生可能エネルギー技術が引き続き制度面等からの支援を必要としています。

 

スポンサードリンク

原子力

現在、利用されているエネルギーの中で、CO2の排出量が少なく、安定的に電力を供給できる電源が原子力です。

確率された技術を持ち、エネルギー供給の低炭素化に貢献できる原子力ですが、課題やリスクもあります。運転リスク、使用後の放射性廃棄物の処理問題、核兵器拡散の懸念などです。

こうした課題について、社会全体で議論していくことが大切です。課題のいくつかを解消するための新たな核燃料サイクル、炉型技術の研究が進められています。

また、日本では安全性向上の取組みにより新しい規制基準を満たし、地元自治体の同意を得て再稼働する発電所が出てきています。

 

まとめ

 

今、世界各地で異常気象が相次いでいます。

熱波、強い台風、干ばつ、洪水など、各地の状況は年を追うごとに深刻になっています。

その背景に地球温暖化があることが、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書で明らかになっています。

さらに最新のIPCC報告書によれば、地球温暖化の大きな要因が私たち人間の活動である可能性が「極めて高い」と報告されています。

このまま温暖化が進めば、人類はかつてないような気候の変化に直面することになります

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。