エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

新しいエネルギーのこれから

太陽光や風力発電など再生可能エネルギーは、自然をエネルギーとするため、二酸化炭素や硫黄酸化物などの排出もなく、極めて環境に優しいエネルギーです。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

再生可能エネルギー

太陽光発電は、家庭でも取り付けが容易なこともあり、2012年の再生可能エネルギーの買取制度の導入以降、大幅に増加してきています。
しかしながら、現段階では、再生可能エネルギーはベース電源には成り得ないのが現状です。
その理由は、我々が必要とする時に必要なだけの電気を作り出せないからです。

太陽光発電は、日中太陽が出ていなければ発電できませんし、風力は風任せです。
今日は雨だから、工場を休むというわけにはいきません。

よくマスコミなどで、太陽光発電などの再生可能エネルギーに関する説明で、原子力発電所何基分に相当するといった記載が見受けられますが、これは設備容量で実際の稼働率が考慮されていない場合がほとんどです。

太陽光発電で稼働率は12%程度(原子力同80%)と言われていますので、設備規模が同規模でも、発電量で比較すると、太陽光発電は原子力発電所の6分の1程度に留まります。

 

コストの問題

 

再生可能エネルギーは、コストの問題があります。再生可能エネルギーの買取制度における買取価格は、段階的に引き下げられてはいますが、既存の電源(原子力、LNG、石炭)の2~5倍になっています。
この買取費用は、電気の使用量に応じ、国民が負担することとなっていますが、負担金額は年々増加しており、国民1人当たりの年間の負担額は2014年で5,000円、2015年からは10,000円となっています。

新エネの先進国と言われているドイツでも、再生可能エネルギーの買取制度により、ここ10年ほどで家庭の電気代は約2倍になっており、国民の負担を抑えるため、太陽光発電などの電力の買取価格を下げる方向にあります。

 

再生可能エネルギーの開発

 

震災以降、再生可能エネルギーに対する期待が高まっていますが、再生可能エネルギーの開発に当たっては、コストや供給の不安定性の問題は避けて通れません。

地球規模で深刻化するエネルギー問題の制約はもとより、気候変動問題を始めとする環境問題関連の制約を本質的に解決するためには、技術によるブレークスルーが不可欠です。

エネルギー技術の開発は、安定供給の確保や環境問題の解決に資するほか、エネルギー調達費用の低減や経済活性化等の観点からも、極めて重要です。

そのため、我が国としては、技術力の一層の強化に努めるとともに、地球温暖化問題等世界的な取組が必要な課題に対してもその技術力を活かすべくイニシアティブを発揮してきました。

国民としてどの程度の負担であれば許容できるのか、また、発電できない場合の代替手段をどうするのかといった議論も必要となります。

スポンサードリンク

水素エネルギー

 

水素エネルギーについても、同様のことが言えます。
水素自体はクリーンで究極のエネルギーです。

しかし、残念ながら水素は自然に単体では存在しません。
水素は電気と同じで2次エネルギーなのです。

水素を利用するにあたっては、まず水素をどのような方法で取り出すのかを考えておかなければなりません。

千代田加工建設、三菱商事、三井物産、日本郵船の4社は、「次世代水素エネルギーチェーン技術研究組合」を設立し、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の補助事業として、世界で初めて水素サプライチェーンの実証事業に着手することになった。
同事業は、千代田化工建設の水素技術を用いて、ブルネイと川崎市臨海部に水素化プラントと脱水素プラント(水素を取り出す装置)を2019年までに建設、2020年にはブルネイから日本に液体水素の形で海上輸送する。

実証規模は年間最大210トン。これは、燃料電池自動車約4万台の充填規模に相当する。

経産省は、水素発電が本格化するのは2030年ころとみているが、その時点での発電コストはkWh当たり17円と想定している(2015年3月の水素発電に関する検討会報告書)。

これは、石油火力の30円より安いものの、LNG(液化天然ガス)・石炭の12~13円より高い。

 

まとめ

 

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。