エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

世界の太陽光発電、ドイツでは・・

世界の太陽光発電、ドイツでは・・

世界の太陽光発電はどのようになっているのでしょう。

今回はドイツにおける太陽光発電についてみていきましょう。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

エネルギー政策の目標

ドイツ連邦政府は2010年9月28日、電力供給体制を大きく転換し、2050年までに再生可能エネルギーを主体とする体制に移行するための戦略を描いたエネルギーコンセプトを決定しました。

エネルギーコンセプトではその実現に至るまでの橋渡しとして、順次停止が予定されていた原子力発電所の稼働期間を平均で12年間延長することとしていた。

しかし、福島原発事故3日後の2011年3月14日、ドイツ政府は直ちに原発稼働期間の延長を撤回し、同年6月中に、原子力発電所を2022年までにすべて廃止し、エネルギー転換を加速するための一連の法案を決定しした。

このいわゆるエネルギー・パッケージの大部分は前年に決定していたエネルギーコンセプトを早急に実行に移すことを目的としたものである。

再生可能エネルギー法

ドイツは豊富な石炭資源をもち、エネルギー安全保障の観点からも石炭の利用が政策的に維持されてきました。

2000年代に入ると、エネルギー安定供給、自由競争による適切なエネルギー価格の確保、環境問題への取り組みといった3本の柱を基本方針にエネルギー政策が組まれています。

環境問題では特に積極的な取り組みが見られ、その流れを受けて。2000年に「再生可能エネルギー法」が制定されました。

これにより、再生可能エネルギーによる発電量を、2020年までに20%にするという目標が掲げられました。

太陽光や風力など再生可能エネルギーによる電力を送電会社が固定価格で優先的に買い取り、それによって生じた費用を一般の電力料金に上乗せして電力消費者に請求する仕組みを定めています。

ドイツはすでに再生可能エネルギーによる電力が全体の20%(2011年)を占める実績を挙げており、再生可能エネルギーの推進に効果的なモデルとして欧州を中心に世界60カ国あまりが同様な仕組みを採用しているといわます。

 

フィードイン・タリフ

再生可能エネルギー導入拡大のための施策として、フィードイン・タリフ(固定価格買取制度)の導入があげられます。

フィードイン・タリフ(固定価格買取制度)とは、発電コストの高い風力や太陽光によるエネルギーの買い取り価格(タリフ)を法律で定める方式の助成制度です。

固定価格制度、フィードインタリフ制度、電力買い取り補償制などとも呼ばれています。

一定期間安定した価格で買取が行われるため、普及促進に効果があり、価格の調整で普及速度をコントロールできるのです。

ドイツのフィードイン・タリフ(固定価格買取制度)で買取の対象となっているエネルギーは、太陽光、風力、水力(5MW以下)、地熱、バイオマスです。

2014年の再生可能エネルギー法改正法(EEG2014)にて、総電力供給量に占める再生可能エネルギー電気の割合を、2020年に35%、2030年に50%、2040年に65%、2050年に80%とする見通しが示されました。

スポンサードリンク

しかし、2016年6月8日、ドイツ政府は2017年より固定価格買取制度を原則的に廃止する方針が決定しました。

発電設備が急速に増えた結果、電力の買い取りにかかる費用が電気料金に上乗せされて料金が高騰したことと、天候次第で大量の電力が余ってしまうことが、主な廃止の要因となったのです。

2017年以降は、固定価格ではなく、より市場価格に近い価格で買い取ることになります。

なお、すでに発電を稼働している施設に関しては、残りの期間、固定価格での買い取りを続けるとしている。

 

まとめ

 

世界の太陽光発電はどのようになっているのでしょう。

今回はドイツにおける太陽光発電についてみてきました。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。