エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

電力自由化で電気代は安くなるの?

電力自由化で電気代は安くなるの?

2016年4月から始まった「電力自由化」。

それまで地域の大手電力会社が独占的に販売し、電力をどこで買うのか選ぶことはできませんでした。

2016年4月からは、大手電力会社による独占体制が崩れ、電気の契約先を自由に選べるようになりました。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

電気代は本当に安くなりますか?

間違いなく安くなります。貴方にあった電力会社を選べば5%程度は安くなります。
分かり易い言い方をすれば、既存電力会社の電気料金は安全を見て「高め」に設定されています。
電力自由化により価格の「安全下駄」はなくなり、その分(5%程度)は安くなります。
ただし今現在の電力使用量が少ない場合(おおむね月間使用量が100KWH以下)は電気料金が高くなる場合もありますので、新電力と契約する場合は事前に「シュミレーション」を行いましょう。

電気代がどれだけ安くなるか

東京電力管内で電気代の試算をしてみます。電気使用量が300KWH、40A契約をしている

標準的な家庭の場合

1) 東京電力の電気料金

基本料金(40A)(銭以下は切り捨て)1、123円

最初の120KWHまで  120×19.43=2,331円

120~300KWHまで  180×25.91=4,663円   合計で¥8、122円

 

2) 新電力の電気料金

新電力でいろいろなメニューがありますので、ここは5%安くなるとして単純計算をします

8、122円×0.05=406円   年間で406×12ヶ月=4,862円安くなります。

 

電力会社切り替えにお金がかかるの?

お金はかかりません!新電力に変更する場合に電気メーターをスマートメーターに交換しますが、費用は無料です。スマートメーターに取り替えて10万円請求されたと言う詐欺商法で被害にあっている人がいます。
スマートメーターは配送電会社の資産(持ち物)であり、あなたの持ち物ではありません、ですから、貴方は取り換え費用を負担しなくても良いのです。
電力自由化で貴方の負担は「0円」なのです。ただ新電力に申請書を出すだけです。

 

電力自由化の問題点

電力は安定供給されるのでしょうか?

電力の購入先を従来の電力会社(一般電気事業者)から新電力に切り替えても、電力が安定的に供給されるのか、懸念されるかもしれません。

たしかに、電力会社によっては、経営体質が脆弱なため十分な発電設備を確保できていない企業もあります。

そういった新電力が増えることで、電力の供給能力が需要に対して不足し、停電が発生してしまう可能性もあります。

実際に、カリフォルニアでは2000年夏の猛暑をきっかけに、電力自由化の制度設計に問題があったこともあいまって、2001年に電力の不足および電力の市場取引価格の高騰といった事態が発生し,十分な供給能力が確保できなくなった電力会社は、結果的に大規模な輪番停電(一定地域ごとに電力の供給を順次停止/再開させること)を行うまでに追い込まれた経緯があります。

ただ、こういった事態に備えて、日本では2015年4月より電力広域的運営推進機関(通称:広域機関)が発足しています。同機関は、地域を超えてより効率的に電力の需給管理を行い、安定的な電力受給管理体制を構築しています。
なお、すべての電力会社は広域機関の会員として加入することが法律により義務づけられており、広域機関は各電力会社の司令塔となって需給調整業務を指示し、安定供給を担保していきます。

スポンサードリンク

電気料金は下がらないかもしれない

また、電力自由化によって、必ずしも電気料金が安くなるとは限りません。
既にアメリカやイギリスおよび欧州など海外諸国では日本に先駆けて電力小売自由化が行われていますが、電力自由化開始直後は電気料金が低下した国・州もあったものの、長期的に見ると、自由化されたすべての国・州で、化石燃料価格の上昇分以上に電気料金が上がっているのが事実です。

電気料金上昇の背景には、市場取引での価格の変動がダイレクトに家庭用電気料金に反映されること、および電力を供給する事業者が寡占化してしまったことにより、電力会社間で健全な競争が生まれていないこと等が指摘されています。
日本の場合は、現状の電気料金が海外の先進諸国と比較して比較的高めであるため、現在より電気料金が下がる余地はあるものの、電力自由化になれば、必ずしも料金が下がるという訳ではありません。

 

 

まとめ

 

年間で5千円程度電気代が安くなると思えば新電力に切り替え、切り替えの申請書など手間の割には安くならないと思えば「何もしない、既存電力会社を継続」と言う判断もできますね。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。