エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

世界の太陽光発電、アメリカでは・・

世界の太陽光発電、アメリカでは・・

世界の太陽光発電はどのようになっているのでしょう。

今回はアメリカにおける太陽光発電についてみていきましょう。

注目すべきグリーン・ニューディール政策や連邦投資税控除制度(ITC)について解説していきます。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

アメリカにおけるエネルギー政策

アメリカでは地球温暖化などの環境問題よりも、エネルギー安全保障を重視する方向でエネルギー政策を進めてきました。

2000年夏から翌年にかけて起きたカリフォルニア電力危機などでエネルギー問題への関心が高まる中、2001年に就任したブッシュ大統領(当時)は、エネルギー安全保障を重要政策課題として位置づけ、2001年5月に「国家エネルギー政策」を発表、2005年に「2005年エネルギー政策法」を制定しました。

2007年には石油依存割合の低減と温室効果ガス排出削減への取り組みを盛り込んだ「2007年エネルギー自給・安全保障法」が成立しました。

そして。オバマ大統領(当時)はクリーンエネルギー利用の拡大を前面に打ち出し、エネルギー政策と雇用問題を結びつけた「グリーン・ニューディール政策」は風力や太陽光などの再生可能エネルギーをはじめ、次世代自動車やCCS(炭素回収・貯蔵)などのクリーンエネルギー技術を開発を促進し、同時にエネルギーの輸入依存の低減を図っています。

 

 

グリーン・ニューディール政策

大恐慌時にアメリカ第32代大統領フランクリン・ルーズベルトが打ち出したニューディール政策になぞらえ、第44代大統領に就任したバラク・オバマが2008年に表明した政策です。

同年に起きた世界同時不況から脱却するため、アメリカ政府だけでなく、ヨーロッパ、アジア各国がそれぞれグリーン・ニューディール構想を打ち出しました。

太陽光や風力など自然エネルギーの活用、将来有望なエコカー(環境対応車)の導入・普及などを財政出動と減税で推進し、新たな需要と雇用の創出を目ざしました。

アメリカが500万人の雇用創出を掲げ、イギリス、フランス、ドイツ、中国、韓国などが環境分野への積極投資に取り組みました。

日本では2009年(平成21)4月に、環境省が日本版グリーン・ニューディールである「緑の経済と社会の変革」構想を発表した。エコカーや省エネ家電の普及、温暖化対策の推進、リサイクルの促進、大気・水環境の保全などで約140万人の雇用創出を目ざしました。

 

 

連邦投資税控除制度(ITC)

アメリカにおける太陽光発電を大きく促進させた制度に連邦投資税控除制度(ITC)があります。

再生可能エネルギー導入のための設備投資額の30%の税額控除を認める連邦投資税控除制度(ITC)はプッシュ政権時に導入されました。

連邦投資税控除制度(ITC)は当初2008年末が適用期限で、同年には連邦投資税控除制度(ITC)終了の可能性から駆け込み需要が増大し、太陽光発電システムの新規設置容量は2007年対比で約64%の大幅増となりました。

連邦投資税控除制度(ITC)はオバマ政権のグリーン・ニューディール政策のもとにおいて、2016年までの延長決定や電力会社への適用の拡大、住宅用太陽光発電システムの設置に適用される上限の撤廃などでより利用しやすい制度となり、連邦投資税控除制度(ITC)や各種助成制度を利用した大規模な太陽光発電プロジェクトが各地で計画されました。

助成対象事業は、風力、太陽光・太陽熱発電関連装置、変圧器やスマートメーターなどのスマートグリッド関連装置、省エネ型の照明や空調機器などの省エネ関連装置、高効率なタービンなどの産業用装置、電気自動車やバッテリ関連装置、原子力関連装置、二酸化炭素回収・貯留(CCS)関連装置など、極めて広範にわたる装置の製造施設の建設です。
さらに、アメリカの動向として注目されるのは、太陽光発電等再生可能エネルギーに対する支援措置が設備投資に対する支援から、実際に発電されたエネルギーに対する支援措置に徐々に移行してきていることです。

後者のインセンティブの中で注目を集めているのが固定価格買取り制度です。アメリカでは連邦レベルではなく州や地方自治体単位で個別に進められており、従来はテキサス州などでRPS(Renewables Portfolio Standard:電気事業者に対して、その販売電力量に応じた一定割合以上の再生可能エネルギーから発電される電気の利用を義務付け、その普及を図るもの。

電気事業者は義務を履行するため、再生可能エネルギーによるを発電するか、他から購入することになります)が導入されてきていますが、近年カリフォルニア州が初めて導入したのを皮切りに、ミシガン州、イリノイ州、ミネソタ州、ロードアイランド州、ヴァーモント州およびハワイ州の7州が再生可能エネルギーの固定価格買取り制を導入しています。また、フロリダ州、メイン州、マサチューセッツ州、ニュージャージー州、ニューヨーク州、オレゴン州およびウィスコンシン州が導入を検討中です。

 

 

スポンサードリンク

まとめ

 

必ずしも日照時間と発電量は一致しないのですね。

高温となる夏に気温が全国平均より低くなる地域という条件を付けくわえると、

最も適している地域は、山梨や長野、群馬といった内陸部ですね。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。